自分を磨く

モーニングページを夜に書いても効果ナシ!どうしても書きたい時は?

【画像】モーニングページを夜に書きたい時は

モーニングページを始めてみても、朝起きれなかったりしますよね。

そんな日は、朝から何だか残念な気分になったりするでしょうか。

モーニングページ発案者のジュリア・キャメロンさんは

ジュリア
ジュリア
モーニングページを夜書いても意味はありません

と断言されています。

でも「やらないよりは何か効果があるのでは?」と期待して、夜にモーニングページを書いだ事があります。

この記事では、夜にモーニングページを書いてみた私が感じた

  • モーニングページを夜に書くとどうなるか
  • 夜に書きたい時はどうしたら良いのか

について説明します。

ジュリア・キャメロンさんがどうして夜にモーニングページを書く意味がないと言っているかはこちらをご覧ください↓

モーニングページを夜に書くとどうなるのか?

モーニングページはその名の通り、朝に書かなくては意味がありません。

でも、起きれなかった日は「夜に書けばいいんじゃない?」って思いますよね。

私もそう思って、何度か夜に書いてみたことがあります。

その結果、私も

スロブ
スロブ
モーニングページを夜に書くのは良くないな

と感じました。

その理由はこうです。

【モーニングページを夜に書かない方が良い理由】

  • 「疲れた」「眠い」という記述が多くなる
  • 「もうダメだ」などネガティブワードが増える
  • 思考が前に進まずぐるぐる回るだけ
  • 今日の出来事を書くだけになる

モーニングページでは、「ネガティブな事を書く」という事を否定はしていません。

むしろ、頭にその思考が流れたなら書き出せばいいのです。

朝ならば、そこから前に進んで「こうしてみよう」など解決策が思いつくんです。

思い付かないにしても「もういなくなりたい…」みたいな超・後ろ向きな思考にはなかなか至りません。

夜は、その日に起こった嫌な事などについて悶々と考えてしまい、必要以上に落ち込みがちです。

しかも、疲れていて眠いので、行動力を伴うようなポジティブな思考にはなかなかたどりつかないのです。

スロブ
スロブ
夜にモーニングページをやったところで良い事なしだよ

\だったら早起きしてモーニングページを書こう/

夜にモーニングページを書きたい時は?

「モーニングページを夜に書くのはダメ」というのは分かりました。

でも、朝が忙しい日が続くと、夜に書きたくなりますよね。

夜の方がリラックスしているし、時間に余裕がある事の方が多いですもんね。

そういう時には、私はジャーナリングをする事をおすすめします。

ジャーナリングにも色々種類がありますが、夜におすすめなのはこんなジャーナリングです。

【モーニングページを夜に書く代わりに】

  • 今日の「ありがとう」について書く
  • 今日の「うれしかったこと」について書く
  • 今日の「できたこと」について書く
  • あらかじめ決めたテーマについて書く

\ジャーナリングのすすめ/

テーマを決めることで、ネガティブな方向へ落ちてしまう思考を制御することができます。

これらのジャーナリングは、今の自分や自分の置かれている環境を肯定的に捉え、明日へつなげることができるのです。

文章じゃなくて「箇条書き」で書いても大丈夫です。

寝る前に「自分は幸せ」という気づきができると、気持ちよく眠れそうですね。

スロブ
スロブ
ベッドに入って寝る直前に書くのではなく、心底疲れる前に静かな自分だけの時間を持つようにしましょう。

【まとめ】モーニングページ は夜書いても効果なし

モーニングページを夜に書いた経験から、

スロブ
スロブ
モーニングページは朝に書いた方が絶対的に効果がある

と感じました。

モーニングページの「瞑想効果」や「自分のすべきことが見える」のような効果は「朝」書くから起こる効果だと確信しています。

モーニングページはもちろん毎朝書くのが理想です。

でも、もし起きられずに書けなかったとしても、それはそれでいいんです。

残念がる必要もないし、モーニングページが1日を作るわけでもありません。

でも、もし夜に何かを書きたいと感じたら、モーニングページではなく、テーマの決まっているジャーナリングをしましょう。

せっかく自分と向き合う時間ですから、ネガティブな沼にはまる思考ではなく、1歩を踏み出すための思考にしましょう。

ABOUT ME
アバター
スロブ
最後まで読んでいただきありがとうございます! 【ズボラこそシンプルに💕 主婦業苦手なアラフォーママ👨‍👩‍👧‍👧です 】 ズボラのせいで「きっちり」のソフトモラ夫と関係悪化し、自分のダメダメ具合に自信喪失していました。でも「ズボラは本質!短所じゃない!」と一念発起。ズボラらしい工夫で生活をシンプルにすることで、きっちりさんとは違う「暮らしやすさ」を追求してます。楽に生きるためのマインドを発信中です!