自分を磨く

モーニングページのノートの大きさは日本語ならA5が最適!

【画像】モーニングページのノートの大きさ

モーニングページを始めるのに必要なものは「ノート」と「ペン」だけです。

勢いでモーニングページを始めてみたものの、

スロブ
スロブ
モーニングページのノートの大きさは、本当はどれを使うべきなんだろう?

って思ったりしますよね。

「モーニングページ」の発案者のジュリア・キャメロンさんいわく、

ジュリア
ジュリア
モーニングページのノートの大きさは「レターサイズ(ほぼA4)」のノートパッドです

という事なのです。

アメリカのレターサイズのノートパッドというとコレ↓です。

大きさはほぼ日本のA4ノートと同じですが、罫が太いのが特徴です。

*私と同じ世代ならば青春時代にアメリカの三つ穴バインダーが流行ったのでわかるかもしれません…

A4ノートに3ページと言われて、

スロブ
スロブ
英語と日本語だと同じ文字数でも伝えられる情報量が違うからA4ノートで始める必要があるのかな?

という疑問が湧いてきて調べてみたところ、

【モーニングページのノートの大きさ】

英語のレターパッド3枚の情報量=日本語のA5ノート3ページの情報量

という事がわかりました。

この記事では

  • モーニングページのノートの大きさはA5が最適な理由

について書きます。

スポンサーリンク

モーニングページのノートの大きさはA5(日本語の場合)

さて、私の質問:

スロブ
スロブ
英語と日本語で同じサイズでやる必要があるのかな?

ですが、答えば「No」でした。

その理由を説明します!

Twitterが世に出たばかりの頃、英語圏の人が140文字で伝えられる情報が少ないのに対し、日本語では文章を完結できると話題になったことがあります。

Twitterの字数制限変更 日本語と英語の「140文字」はどれだけ情報量が違うのか?」によると翻訳業界では

日本語400字の情報量 = 英語1000字(スペースを含む/約200単語に相当)の情報量

と考えられているようです。

つまり、日本語は英語の半分の文字数で伝えたい情報を伝えられるのです。

スロブ
スロブ
アメリカに留学してた私の経験で言うと、アメリカ人の字は日本人より大きい!

つまり、日本人の私達は、ジュリア・キャメロンさんのいう「レターサイズ」のノートに3ページもモーニングページを書く必要はないのです!

情報量で見ると、レターサイズの半分のサイズの「A5」にするか、A4のノートで3ページではなく「1.5ページ」が良いということになります。

スロブ
スロブ
でも、私のおすすめのノートの大きさはA5!

A5の太めの罫のノートが良いと思います。

家にあったB5のノートでモーニングページを書いていた時期がありますが、罫線が細すぎて書くのも読むのも大変でした。

A5より小さいサイズだと、書いている最中に何度もページをめくらないといけないので、思考が頻繁に分断されるためおすすめできません。

スロブ
スロブ
A5だ!A5がベストなのは間違いない!

モーニングページに適したノートの大きさのまとめ

モーニングページについて書いてある記事は多くあれど、ノートの大きさにはあまり触れていないんですよね。

ジュリア・キャメロンさんは「3ページ以上書くな」とも言っています。

ノートの大きさはモーニングページを書く上でかなり重要で、書く情報量は多すぎても、少なすぎても良くないのです。

何度も言いますが、日本語だったらモーニングページを書くノートの大きさはA5が最適です。

スロブ
スロブ
日本人のモーニングページLOVERに「マイルール」として時間で区切っている人が多いのは、必要以上の量を書かなくてはいけないと思っているからなのかも?

A5に3ページだったら20~30分で書き終わります。

レターサイズに3ページ相当の量を書く必要はないんです。

スロブ
スロブ
日本語はA5の太罫に3ページ!を公式ルールにしましょう~

モーニングページの効果を100%感じるためのノート選び↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です