その他

SNS断ちを1週間してみたメリットとデメリット

【画像】SNS断ちのメリットとデメリット

SNSを毎日やっているけれど、正直「時間の無駄だなぁ」と感じることはありませんか?

世の中には「SNS断ち」と言って、SNSを一切やらない期間を作ってSNSとの付き合い方を見つめ直すことを実践している人々がいるんです。

スロブ
スロブ
SNS断ちをしてみたいけれど、勇気が出ない

とずっと思っていました。

今回「ずっとやりたかったことをやりなさい」という創造性を取り戻すワークで「活字断ち」がありました。

活字を断つ=SNSも断たなくてはいけません。

この記事では、

  • 私の行ったSNS断ちの方法
  • SNS断ちのメリット・デメリット

について紹介します。

SNS断ちに興味がある方に参考になったらうれしいです。

スポンサーリンク

SNS断ちのメリット・デメリット

今回「モーニングページ」で有名?なジュリア・キャメロンさんの「ずっとやりたかったことをやりなさい」のワークの一環としてSNS断ちに取り組みました。

私のやったSNS断ちについて説明します。

SNS断ちの方法

私は「ずっとやりたかったことをやりなさい」のワークの一環としてやったので、期間は1週間です。

私の使っているSNSは

  • Twitter
  • Discord(オンラインサロン)
  • Instagram
  • Piterest
  • Line

です。

この中でInstagramは基本ROM(読むだけ)なので、簡単に断つことができました。

オンラインサロンのDiscordは、読み始めると長くなってしまうので、取り残されてる感を抱きながらなんとか断つことができました。

Lineも仕事の時以外は出来るだけ見ないようにしました。

スロブ
スロブ
普段家族で無駄話をしている事が多いけれど、なぜか今週は静かだった!(私がいつも話題を振りまいてるのか?)

Pinterestは文字を読むとか人とつながるものではないので、禁断症状が出た時に時々見ていました。

一番つらかったのはTwitterです。

Twitterは以下のルールを自分の中で決めました。

  • 人のツイートは読まない
  • どうしてもツイートしたい場合は、手書きを写真に撮って投稿する

スロブ
スロブ
Twitterって、こちらが読んでないの分かると返信ももらえないんだな、という事が分かった1週間でした…

では、SNS断ちのメリットデメリットについてお話します。

SNS断ちのメリット

SNS断ちを1週間やってみて感じたメリットは以下の3つです。

【SNS断ちのメリット】

  1. SNSに使っていた時間を違う事に使える
  2. 不必要な情報に触れなくて良い
  3. やっている事に集中できる

そのまんまですが、一応説明します!

【SNS断ちのメリット①】SNSに使っていた時間を違う事に使える

私はSNS関係のアプリに使用時間の制限をかけています。

スロブ
スロブ
SNS関係のアプリを使えるのは1日2時間に設定しています!

アプリの制限時間いっぱいまで使う事はあまりありません。

でも、ほぼTwitterもLineもDiscordも使わなくなると、毎日1時間以上の時間が浮くことになります。

私は「活字断ち」期間だったので本を読むことができませんでしたが、

  • 本を読む
  • 勉強をする
  • 趣味の時間にする
  • おろそかにしていた家事をする

などに時間を使う事が出来ます。

スロブ
スロブ
SNSに使っている時間って、細切れでまとまっていないので大きな事をやろうとするのは難しく感じる…

そう!

でも、時間を意識することで自分のために使う事が出来るのを感じました。

【SNS断ちのメリット②】 不必要な情報に触れなくても良い

SNSの中には、自分に有益な情報もあふれていますが、別に知らなくても良い事もありますよね。

特に私の場合は、リアルな友達とTwitterでつながっていないので、悩みや怒りを読んでも、そこに反応しなくてもいいわけです。

いや、悩みや怒りならまだ反応する意味があります。

でも、本当に単なる「つぶやき」だったら…?

と思うと、SNSの中には知らなくてもいい事もたくさん含まれているかな、と思います。

スロブ
スロブ
リアルな友達が投稿するLineのタイムラインはほぼチェックしない私…。なんでだろう?

【SNS断ちのメリット】やっている事に集中できる

私はトイレに行くとき、洗濯物をするとき…と、何をするときでもスマホを持って行きます。

洗濯物をしながら、ちょっとSNSやニュースをチェックしたり…なんてことが日常茶飯事です。

スロブ
スロブ
これは良くない癖なのは知っているけれど、なかなか治らない…

いつもポケットにスマホを忍ばせているので、SNS断ち中でもサッとスマホに手が伸びてしまう事がありました。

でも、別にその短い時間でチェックしなくちゃいけないようなことは何もないんですよね。

SNS断ちをしてみたら、やらなくてはいけない事にきちんと集中できていると感じました。

次はSNS断ちのデメリットです。

スポンサーリンク

SNS断ちのデメリット

SNS断ちをしてデメリットだと感じたことはこんな事です。

【SNS断ちのデメリット】

  1. ブログ仲間との交流が途絶える
  2. 自然と入ってきていた有益情報が途絶える
  3. 怒りや喜びを感じた時に感情を吐き出す場所がない

では、こちらも1つずつ説明します。

【SNS断ちのデメリット①】ブログ仲間との交流が途絶える

私のTwitterやInstagramにはリアルの友達がいません。

私がブログを書いている事をリアルの友達は1人も知りません。

私はTwitterやDiscordのオンラインサロンにたくさんブログ仲間がいて、日々情報交換をしながら励まし合っています。

SNS断ちをすると、ブログ仲間との交流が途絶えてしまいます。

スロブ
スロブ
みんなが頑張っている姿を見て励みになっているので、それがないというのはかなり寂しい…

【SNS断ちのデメリット②】 自然と入ってきていた情報が途絶える

ブログ仲間の投稿を読むのはかなり勉強になります。

特に「有益情報を発信する」という事に力を入れている人が多いので、有益な情報を手に入れることができます。

SNS断ちをするという事は、すべてを自分の中から出さないといけないんです。

「これ良かったよ!」と聞いてマネすることができないんです。

スロブ
スロブ
自分が知れる情報なんてほんの少し。全く違う視点からの情報を知るチャンスがなくなるのは結構辛い…。

【SNS断ちのデメリット③】 怒りや喜びを感じた時に感情を吐き出す場所がない

スロブ
スロブ
これは、家族が近くに住んでいたり、仲が良かったら問題がないと思うのですが…。

夫に対する怒りとか、ブログの事に対する喜びを表現する場所が、私の場合はTwitterでした。

Twitterのブログ仲間は、小さな成長を一緒に喜びあってくれます。

家族にも言えず、誰にも言えず…だと感情を吐き出す場所がないなぁと感じました。

スロブ
スロブ
「書いてスッキリ」が出来ないのがボディブローのようにキツイ

SNS断ちのメリット・デメリットまとめ

以上、SNS断ちのメリットとデメリットをまとめました。

私にとっては、デメリットが大きいかなという印象です。

SNS断ちをすることによって、リアルな友達と濃い時間を持てたり、コミュニケーションが盛んになればいいのですが…

スロブ
スロブ
私の場合、SNS上にはリアルの友達がいないし、リアルな友達には話さない事をSNSの友達には話せた!

でも、トイレに行く時間や何をするときもスマホを片手に行く必要はないかな、と感じました。

SNS断ちをしてみて、時間が生まれる事、やっている事に集中できる事が分かりました。

同時に、自分にとってSNSはなくてはならないものだという事も分かりました。

今後のSNSとの付き合い方を再確認するためにも「SNS断ち」をしてみてはいかが?

\SNS依存症になってない?/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です