時間管理

朝のルーティンを作って、1日を理想的に始めよう

朝のルーティンを作ろうのアイキャッチ

朝、バタバタして「早くしなさい!」となりながら、毎日嵐のような朝を迎えたいですか?

主婦として、ママとして、朝の時間をどれだけ気持ちよく過ごせるかは、とても大切です。

まずは家の要である主婦/ママの朝のルーティンを作り、朝の時間の使い方を変えましょう。

朝のルーティンがあると、時間に追われることもなく、毎日を自分で作っていくことができます。

この記事では、あなたの1日を作る朝のルーティンの作り方と作るときに大切なポイントをお伝えします。

朝のルーティンとは?

あなたには朝のルーティンがありますか?

「今はまだない」と思っても、

実はあるんです。

なんとなく朝起きたらトイレに行って、コーヒー飲んで、新聞を読んで、ごはんを食べて…

と何も考えずに大体同じルーティンで動いているはず。

このルーティンをもっと意識して、もっと生産性を上げるために、朝のルーティンに入れたいモノを考えて、見える化しましょう!

朝のルーティンの作り方

ここからは朝のルーティンの作り方を説明します。

ステップは6ステップあります。

  1. 朝にやりたい事・やらなくてはいけない事を書き出す
  2. 他の時間にできる事はないかを考える
  3. 優先順位を考える
  4. どのくらいかかるか考える
  5. 朝のルーティンができる時間を考える
  6. 効率的なやり方を時系列に並べてみる

1つずつ、私の場合を例に取って考えてみましょう。

朝にやりたい事・やらなくてはいけない事を書き出す

朝のルーティンに入れたい事をとにかく書き出しましょう

今、朝やっている事からやりたい事まで全部、出来るだけ細かく書き出しましょう。

私の場合はこうです。

  • モーニングページを書く
  • ブログを書く
  • 水を飲む
  • コーヒーを飲む
  • トイレ・洗顔・お化粧
  • 子供達の洋服を用意
  • 洗濯機を回す
  • 食洗機の中身をもとに戻す
  • 洗濯物を畳む
  • 朝食準備
  • 子供の学校の支度(水筒やお箸セットなど)
  • 朝食を食べる
  • 食器を片付ける
  • 洗濯物を干す
  • 掃除機をかける
  • ブラーバ(床の水拭きロボット)をセット
  • 自分の身支度

本当は「どじょうに餌をあげる」とか「水をペットボトルに汲む」なんて項目もありますが、ブログ用に端折ります。

読書、ジョギング、メディテーション、トイレ掃除などなど思いつくものをなんでも書いてみましょう。

他の時間にできる事はないか考える

ただでさえ忙しい朝は、出来るだけタスクを盛り込まずにゆったりと過ごしたいものです。

この中にあるもので、朝のルーティンにいれなくても大丈夫なものを抜き出しましょう

他の時間帯に出来るものはありますか?

  • 洗濯物を畳む
  • 子供達の洋服を用意

この2点は夜寝る前に出来そうです。

優先順位を考える

この中で絶対にやりたい事、やらなくてはいけない事はどれでしょうか?

優先順位を考えましょう。

1番優先しなくてはいけない、生活に関わることはこれです。

  • トイレ・洗顔・お化粧
  • 食洗機の中身をもとに戻す
  • 子供の学校の支度(水筒やお箸セットなど)
  • 朝食を食べる
  • 食器を片付ける
  • 自分の身支度

ウチは夫が朝ごはんを用意してくれることも多いので、最優先事項からは外しています。

そして出来ればやりたいことは

  • 水を飲む
  • コーヒーを飲む
  • 洗濯機を回す
  • 朝食準備
  • 洗濯物を干す
  • 掃除機をかける

です。

やっぱりできれば朝食は私が作りたい…。

そしてウチは洗濯物が多いので、毎日洗濯機はまわしたいです。

最後に時間に余裕があったらやりたいのは

  • モーニングページを書く
  • ブログを書く
  • ブラーバをセット

モーニングぺージは出来るだけやりたいですが、朝起きたばかりの15分の時間が取れないときは諦めます。

ブログも20分以上のまとまった時間が取れないときは、PCを立ち上げて本格的に作業をするのは、気ばかり忙しくなってしまうのでやりません。

スマホでアイディアを書いておくくらいはできるかもしれません。

ブラーバも「毎日必ず掛けなくてはいけない!」というものでもないので、余裕があるときだけにします。

どのくらいかかるか考える

れぞれの項目がどのくらいの時間がかかるかを考えます

この時、トイレは〇分、お化粧は〇分と細かく考えると大変です。

トイレに行ってからお化粧までの一連の流れが決まっているなら1ブロックとして考えましょう。

大体5分~15分単位になるようにします

  • トイレ・洗顔・お化粧(15分)
  • 水を飲む(1分)
  • 食洗機の中身をもとに戻す(5分)
  • 子供の学校の支度(水筒やお箸セットなど)(5分)
  • 朝食を食べる(15分)
  • 食器を片付ける(15分)
  • 自分の身支度(10分)

最優先項目に入れたい項目だけでも1時間6分かかることが分かりました。

  • コーヒーを飲む(5分)
  • 洗濯機を回す(10分)
  • 朝食準備(30分)
  • 洗濯物を干す(15分)
  • 掃除機をかける(15分)

できればやりたい事は、こちらも1時間15分です。

朝食準備を細かく見ると、「お米を研ぐ、お米を炊く、出汁を取る、お味噌汁を作る」など細かく分かれています。

「お米を研ぐ」は前夜にやった方がよさそうです。

出汁も「水出しの出汁」を使うとか「だしパック」を使うとか、もっと時短の方法を試したいですが、夫がこだわり派なのでダメでした。

最後に時間があったらやりたい項目です。

  • モーニングページを書く(20分)
  • ブログを書く(90分)
  • ブラーバをセット(2分)

こちらは約2時間です。

ブログは時間があればあるだけ書きたいです。

ブラーバセットは、本当は1分くらいでセットができるのですが、なぜかいつも時間が足りずにセットできていません…。

朝のルーティンができる時間を考える

私の場合、朝のルーティンができるのは「起床~出勤前の8時半」までです。

最優先項目だけやるなら7時半に起きても大丈夫ですが、子供達の登校が7時15分なので、その時間に起きることはまずありません。

最優先項目+できればやりたい項目を合わせると6時半起きですが、子供達に6時40分までには朝ごはんを食べ始めてほしいので、それも無理。

6時頃から朝ごはんを作り始めることを考えると、その前にやっておきたい項目は何でしょうか?

  • トイレ・洗顔・お化粧(15分)
  • 水を飲む(1分)
  • コーヒーを飲む(5分)
  • 洗濯機を回す(10分)

などの合計は31分なので、少なくとも5時半から朝のルーティンを始めないといけない事が分かります。

5時10分までに起きればモーニングページを追加できて、4時50分より前に起きたらブログ作業を追加できる、という感じです。

そして、私はブログを朝90分書きたいのであれば、起床時間は3時40分になります。

ここで考えます。

  1. 朝、早起きすることはできるか
  2. さらに他の時間に移せるものはあるか?
  3. 時間を減らせるものはあるか?

朝3時40分に起きる、と自分に決められなければ、朝90分ブログを書くのは不可能になります。

4時に起きて70分にするか、4時半に起きて40分にするか、自分と相談して決めましょう。

朝のルーティンにかかる時間と、本当に使える時間がマッチしなくてはいけません

朝早起きをするか、他の時間にやるか、はたまたやる時間を短くするかをよく考えましょう。

効率的なやり方を考え時系列に並べる

どのように動けば時間に無駄なく動けるかを考えます。

例えば、朝ごはんの準備は30分間他の作業ができないわけではありません。

実際は子供達が喧嘩したり、ぐずぐずしたりするので予定通りにはいかないとおもいますが、理想の朝のルーティンを作ってみます。

3:40 起床、モーニングページを書く、トイレ
4:00 ブログを書く、水を飲む
5:30 コーヒーを飲む、化粧をする
5:50 出汁を取る
5:55 洗濯機を回す
6:05 朝ごはん調理開始、食洗機を片付ける、学校の準備
6:45 朝食
7:15 子供を送り出す、食器を洗う
7:30 洗濯物を干す
7:45 掃除機をかける、ブラーバセット
8:00 身支度
8:30 出社

出社前に20分余ってしまいましたが、実際はそのくらいの余裕があって調度いいくらいかもしれません。

もし本当に20分余るようならば、読書や片付けの時間にしたいです。

朝のルーティンを作るなら、夜のルーティンも必要!

さて、朝のルーティンが出来上がりました。

でも、この朝のルーティンを成功させるためには、何が必要でしょうか?

そう、3:40分に起床しなくてはいけません。

これはなかなか難しい。

睡眠時間を6時間半~7時間半取りたいと考えると、20時10分~21時10分に就寝しなくてはいけません。

夜のルーティンを作って確実に就寝時刻にベッドに入っているように生活を変えないといけません。

と、いう事で、朝のルーティンを実行する前に夜のルーティンを作らなくては、朝のルーティンの成功はなしです

続きは後日。