自分を磨く

ビジョンボードの作り方。モチベーションを保って夢を叶える

【画像】夢が叶うビジョンボードの作り方

せっかく目標を立てても、どうしてもモチベーションを保ち続けるのが大変だと思うことはありませんか?

そんな時、ビジョンボードを作って毎日見ていると、モチベーションを保ち続け、夢を叶えることができると言われています。

ビジョンボードは目につくところに置いておくのがいいらしいんですが、

恥ずかしくありませんか?

だから、「ビジョンボード」をこっそりスマホで作って、ひそかに夢を引き寄せましょう!

この記事では、ビジョンボードの効果が出る理由や作るときの注意点を説明します。

ビジョンボードとは?

ビジョンボードは海外の女性の間ではやっている?自分の夢や目標とするイメージを張り付けて作るボードのことです。

毎日ビジョンボードを見る事で「夢が叶う」と言われています。

人間の脳は文字情報よりもイメージの情報の方がプロセスしやすい特徴があります。

頭の中で漠然と「ああなりたい」「こうなりたい」と思っているより、

目で見える形にすることで夢が鮮明に形となって表れる

のです。

そして、自分の夢が叶った時のイメージを繰り返し見る事で、夢が叶うために必要な情報に注目するようになります。

目的や夢を達成した時のイメージである「ビジョン」は目標を達成するのに役に立ちます。

心の中でビジョンを何度も描くことで、目標達成のエネルギーになるのです。

ビジョンボードでどうして夢が叶うのか?

ビジョンボードを作るとき、小さなスペースに入れる画像について真剣に考えます。

自分の叶えたい夢についてよく考え、その夢を表す画像を探します。

例えば「家が欲しい」と思って家の画像を探すとします。

でも、どんな家の画像でもいいわけではなく、自分の欲しい家についてよく考えます。

床はどんな素材か、窓の大きさ、カーテンの色などなど。

自分の夢について、具体的に考え、たくさんの画像の中から1枚を選ぶのです。

夢が具体的になって、明確化します。

そこまでして作ったビジョンボードですから、見ると伝わってくるイメージは鮮明です。

ビジョンボードを毎日見て、繰り返し夢が叶った時を鮮明にイメージすることで、脳に夢を強烈に植え付けます。

ビジョンボードを作るときの時間とエネルギーで夢を具体的に鮮明化し、それを繰り返し見る事で脳に焼き付けるのです

すると自然と脳は

必要な情報を集めはじめ、必要な人に出会おうと身体に指示を送る

のです。

夢が叶う方向へ、自分自身の身体も心も動き出すのです

ビジョンボードの作り方

ビジョンボードの正しい作り方は、コルクボードなどに画像を切り貼りして、目に着くところに飾っておきます。

でも、ひとり暮らしではない家の目に着くところに置くのが恥ずかしいので、私はスマホでのビジョンボードをおすすめしています。

Pintarestなどのアプリを使っても良いですが、お手軽なのはインターネット上で画像を探して「ビジョンボード」というアルバムに保存してしまう方法です。

スマホならばどこでも持ち歩けるのでいつでも見る事ができます。

実はこっちの方が理にかなってたりして。

では、ビジョンボードの作り方を説明します!

  1. ビジョンボードに貼る夢を決める
  2. 画像を選ぶ
  3. 作っているとき出てきたネガティブな感情と向き合う
  4. ビジョンボードを見えるところに置く
  5. どんどん更新する

ビジョンボードに貼る夢を決める

ビジョンボードに貼る夢を決める時に大切な質問はこの2つです。

  1. 何をつかみたいか
  2. 夢が叶った時にどんな気持ちになるのか

ビジョンボードを作るときに注意したいのが「いつまでに」というのはあまり必要ないという事です。

「何を」とその時の「感情」にフォーカスするのが大切です。

特に大切なのが2番目の「夢が叶った時にどんな気持ちになるのか」です。

例えば、「ステキな恋人ができる」という夢を見た時に「幸せで自分に自信が持てる」という気持ちになるとします。

もう叶ったものとしてその感情が想像できなければ、どんなにビジョンボードを作って待っていても夢は叶いません。

ビジョンボードに貼ったイメージが夢を叶えさせてくれるのではなく、イメージを見て感じる「なりたい私になった私」の感情が夢を叶えさせてくれるのです。

大切なのでもう1度言います。

ビジョンは夢を叶えません。感情が叶えるのです。

次のステップで画像を選ぶときにこの気持ちになれる画像を探します。

ビジョンボードに貼る夢は1つじゃなくて大丈夫です!

夢の数に制限はありません!

画像を選ぶ

「フランスに行きたい」という夢があるなら、自分がフランスに行って見るであろう街並みやパリジェンヌなど、自分が見たいフランスの写真を貼ります。

ビジョンボードを見ると、夢が叶った気になって「うふふ」とにんまりしてしまう感じのモノが望ましいです。

自分が見て「これ」と思うものが見つかるまで探しましょう。

選ぶ画像は、自分が夢を実現させているときの感情を感じさせてくれるものでなくてはいけません

「うれしい」「幸せ」「自由」「自信が持てる」などなど、どんな感情でもいいから、夢が叶った時の自分を表す画像を探してください。

少しでも嫌な気持ちが出てくるような画像は絶対に使わないでくださいね!

また私のようにスマホの中にビジョンボードを作る人は、画像をたくさん選びすぎないように注意してください。

最初に沢山保存するのは良いですが、1つの夢に対して1~2枚になるまで画像を厳選しましょう。

ビジョンボードを作っている途中で感じたネガティブな感情と向き合う

家を建てたいと思っているのに、「どうせ無理だし」とか「お金ないし」という気持ちになったら、どうしたらその感情がなくなるのかを考えましょう。

自分が実現できると信じていない夢は、いくら願っても叶いません。

自分が夢を叶えるにふさわしいと思えるまで、「不安」「恐怖」「どうせ無理だし」というメンタリティと向き合いましょう。

あなたは夢を叶える価値のある人間です。

ストッパーになっているのは、自分自身の心です。

ビジョンボードを見えるところに置く

人によっては、ビジョンボードを作るという行為だけで用が足りることもあるかもしれません。

でも、出来るだけ目に入る場所に置いて、「夢が叶った自分」の感情を味わいましょう。

余裕があったら、スマホでコラージュを作って壁紙に設定すると、毎日必ず何回も見る事になるので良いです。

何度も見る事によって生活に追われるばかりではなく、「夢を持っている」ということを忘れないのも良いですね。

ビジョンボードはどんどん更新する

ビジョンボードは1度作ったらおしまいじゃありません。

夢が少し変わることもあるし、その時のベストな画像が変わるかもしれません。

もしからしたら、たくさんある夢の中から叶ったものがあるかもしれませんね。

なので気が付いたときは、画像を更新してください。

ビジョンボードで夢を叶える!

ビジョンボードを作るということは「夢を自分で描く」という事です。

ただ人生なんとなくで時間を過ごすのではなく、

夢に向かって生きるという決意

でもあります。

「夢を叶えるためにどの画像を使うか」「どういう感情になる夢を選ぶか」と自分で自分の人生をデザインしていくことになります。

ただ毎日を生きるのではなく「自分の可能性を信じて夢を見る。」

そのための1つの手段がビジョンボードです。