ノート術

ミーニングノートでチャンスのつながりを見つけられるようになりました

【画像】ミーニングノートでチャンスのつながりを見つけられるようになりました

去年の4月からミーニングノートを書き始めました。

5月からはミーニングノートのコミュニティに参加していますが、ずーっと週1の振り返りでやる「チャンスのつながりに線を引く」と言うのが下手でした。

ミーニングノートを始めたころの記事はこちら↓

それが!ミーニングノートコミュニティでメンバーの方に言われたひとことで、今はするするつながりを見つけられるようになりました。

今回は、私が見つけた

  • ミーニングノートでチャンスのつながりの見つけ方

をご紹介します。

スポンサーリンク




チャンスのつながりとは

【画像】チャンスのつながりとは

「チャンスのつながり」とは1日3つずつ書いた21個のチャンスの中から、以下の3つの視点からつながりを探すことです。

  1. 出来事のつながり
    友達と電話をした→来週会う約束をした
  2. 心の中のつながり
    体調が悪かった→毎日23時に寝ようと決めた
  3. 不思議なつながり
    四つ葉のクローバーを見つけた→臨時収入があった

つながりを探すことで、自分なりの成功パターンが分ったり、行動が何かに続いていることが分ったり、目の前に来たチャンスを確実に手にできるようになるそうです。

「必死になってつながりを探す」という話を聞いて、私も必死に探したけど、全然見つからなかった

「チャンスのつながり」が見つけられなかった理由

私がチャンスのつながりに線を引けるようになったきっかけは、ミーニングノートコミュニティで話していた時にメンバーに言われたひとことでした。

「ホテルの石鹸を使ったら、湿疹ができた」みたいな因果関係があるものを探せばいいのでは?

彼女からしたら、「出来事のつながり」をまずは探してみては?というアドバイスだったのかもしれませんが、その視点で自分のノートを見返してみて、衝撃的なことを発見しました。

私のミーニングノートにはつながりの起点になる出来事が書かれていなかった!

例えばこんな具合です。

家庭菜園の収穫が楽しめないのは、料理が好きじゃないから。

「家庭菜園の収穫が楽しめない」という事実があって、それについて考察した結果が「料理が好きじゃない」なんですが、1つで完結しちゃっているので、つながりはなしです。

それから、私のチャンスに多いのは、

人に伝わる言葉で話すって大切。言葉は人を動かす。

みたいな、思考系のもの。

それが直接どうチャンスというわけではなく、その日耳にして心に残った言葉がたくさんかいてあります。

後は、

出張に行くこと夫にOKもらって感謝してる。勝手に無理と決めつけないで良かった

みたいな、最初に書いてあるものが出来事じゃなくて、単なる感情のもの。

チャンスは

心が動いた出来事+意味づけ

で書くもので、

意味づけはこの5つに分類されます。

  1. 気付き
  2. 学び
  3. 決めたこと
  4. 良かったこと
  5. 予感

私の上の例でいうと、「料理が好きじゃない」は「気付き」、「言葉が大切」は「学び」、「出張OK」は「よかったこと」なんだと思いますが、つながりを考えるとなると、ここから行動に移さないといけないんです。

(出来事)家庭菜園の収穫が楽しめないのは、料理が好きじゃないからだと気付いた。
(意味づけ)収穫したらすぐ食べれる野菜を中心に植えよう。

と書けば、実際に植えたとき、次に収穫した時へチャンスがつながっていきます。

(出来事)人に伝わる言葉で話すって大切。言葉は人を動かす。
(意味づけ)専門用語やカタカナ語を使わず、誰でも理解できる言葉を話そう。

とすれば、次のチャンスに明確につながっていきます。

(出来事)出張に行くこと夫にOKもらった。勝手に無理と決めつけないで良かった。
(意味づけ)意味のある出張になるように頑張る。

なら、出張中の出来事などにチャンスがつながっていきます。

私の場合は、「つながりをつながりだと認識できない」と言うよりも、「つながりとなる起点」をそもそもノートに書いていないという問題でした。

スポンサーリンク



【まとめ】チャンスのつながりを意識する

【画像】チャンスのつながりを意識する

私は「行動する」ということのハードルが低く、「行動したこと」自体に心が動かず、ノートに書いていなかったのです。

でも、「この行動や気付きは次のチャンスにつながっていく」という意識をもって、行動することが大切かなと思います。

「この出来事はつながっていく」と思うと、今までなら書かなかったような行動にも光が当たります。

つながりの起点を書くのが大切だよ!

合わせて読みたい