生活を整える

成果がでる片付けの順番。最初は簡単な所から!

【画像】成果の出る片付けの順番

ミニマリストになるためには、モノを減らさなくては!と手当たり次第モノを減らしてはいませんか?

もちろん、やらないよりはマシですが、達成感もなくてモチベーションを保つのが大変ですよね。

アメリカに超・有名なミニマリストのジョシュア・ベッカー(リンクは英語)という人がいます。

あちこちのメディアに出て「ミニマリストになるとこんな良い事があるよ~」などを語っている人です。

この記事では、アメリカの有名ミニマリストのジョシュア・ベッカーが勧めていた片付けの順番について説明します。

ミニマリストの進める片付けの順番

ミニマリストになるための片付けの順番

まず、ジョシュア・ベッカーについて知っておきたい事は、彼の目指す「ミニマリスト」は究極ではないということです。

「家族それぞれのステージの中で、その時々の最適なサイズで暮らそう」という考え方です。

ですから、本はダメとかソファやベッドはいらないとかはありません。

その人にとって大切なものは、人から見たらジャンクなものでも取っておいていいのです。

子供の思い出の品とか捨てたくないですもんね!

さて、では片付ける時の順番について話を進めます。

ポイントはこの3つです。

  1. 簡単なところから難しいところへ
  2. 1つ終わってから次の場所へ
  3. すべて終わったら、最初に戻る

簡単なところから難しいところへ

ミニマリトの片付け方1

人は何か変えようとする時、とても難しく感じます。

何をしたらいいかも分からないし、自分のやっていることが正しいという自信もないからです。

ミニマリストの生き方が素晴らしいと思っても、自分ができる確証もないですしね。

人から「どうせできないよ」とか言われたりして、やる気が削がれたりね。

「子供の描いた絵はどうしたらいいの?」「卒業アルバムは?」「結婚式の写真は?」と思ってしまいますよね。

わざと難しい質問を自分に投げかけて、やらない理由にしているだけではありませんか?

スロブ
スロブ
え…?そうなの?

先ほども言ったように、もし本当に大切ならば、捨てなくても良いのです。

そもそも、最初から「大切かもしれないもの」を手放す必要はありません。

まずは明らかなゴミのような簡単なところから始めましょう。

スロブ
スロブ
ゴミだけ片付けて、部屋がきれいになりますか?

押し入れやクローゼットから始めるのはやめて、「車」のような簡単で成果を感じやすいところから始めます。

車がなければ、リビングルームに意味もなく飾ってある装飾品とかが良いです。

車の中に、空のペットボトルやお菓子のゴミ、いらないペンやメモ帳などはありませんか?

全部車から出してみて、本当に必要な物だけにしてください。

キレイになったときに「開放的で落ち着ける環境になった」と気が付くと思います。

まずは、自分が簡単に片付けられるところから始めましょう

1つ終わってから次の場所へ

ミニマリトの片付け方2

1度に色んなところに手を付けるのはやめましょう。

クローゼットや押し入れのものを全部出したら、それを戻すのにどれだけの時間がかかるでしょうか?

それに、1つキレイにして達成感を得てから次に進んだ方がモチベーションを保ちやすいです。

家の中で1つ1つ、キレイな場所を増やしていくイメージでやると良いです。

1つの部屋が終わってから、次に簡単なところに手をつけましょう!

すべて終わったと思ったら、最初に戻る

最初から100%不必要なモノが手放せるわけではありません。

その時は必要だと思っても、すべての部屋を片付けたら手放せるモノがあるかもしれません。

ある程度ミニマルになることはできますが、片付けは一生続いていきます。

家族の構成や子供の成長などがあり、必要なものも変わっていくからです。

でも1度目の片付けほど2回目は時間がかかりません

モノを手放す目も養われるし、そもそも不必要なモノが少ないからです。

片付けの順番を考えて、少しずつ進む

理想なミニマルな生活へ

片付けを始める前に、まず片付けてどうなりたいのかを明確に想像しましょう。

それから1つずつ順番に片付けていきます。

ジョシュア・ベッカーにとっても、最初の片付けで住居部分を片付けるのに3か月、駐車場や倉庫などを片付けるのに9か月かかったそうです。

大体少なくとも1年はかかると思っていて間違いないと思います

1年で目途が経ったら御の字です。

とにかく簡単なところから順番に!

「ひょっとしたら手放したら後悔するかも?」と思うものは手放さないでください。

少しずつ、でも着実に1歩ずつ!