ミニマリズム

ミニマリストになりたいけどどこから始めるの?

ミニマリストになりたい!どこから始める?のアイキャッチ

すぐに散らかるモノにあふれた部屋を見渡して、うんざりしてしまうことはありませんか?

散らかった部屋では心が休まらないですよね…。

「モノを減らしたい!」「すっきりとしたシンプルな家で暮らしたい!」と思った時がはじめ時です。

この記事ではミニマリストになるために、どのようにモノを減らしていくのが良いのかという小さなステップを説明します。

「ミニマリストになりたい!」と思ったあなたが、はじめの1歩を踏み出せますように。

ミニマリストになりたい!

「ミニマリスト」とは:

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

「ミニマリストになりたい!」と思ったけれど、何もないガランとした部屋になるまでモノを減らさないといけないのでしょうか?

答えはNO!です。

1人でワンルームに暮らしているなら良いですが、家族がいるとなるとすべてを手放すわけにもいきません。

自分に必要はなくても、家族にとって必要なものであれば無断で手放すことはしません。

ミニマリストの「必要最低限の持ち物」は人によって違います。

都会暮らしと田舎暮らしでも違います。

家族の構成や年齢、職業でも違います。

ここでは「家族にとって本当に大切な必要最低限の持ち物で暮らす」ことを目指します。

家族にとっても、自分にとってもモノが増えすぎず、減りすぎず、心が豊かに保たれる分量を探ります。

モノを減らす方法

ミニマリストになるためには、まずモノを減らさない事には進みません。

「モノを全部出して、選定している時間なんてないよ!」と思うかもしれませんが、まずは小さなステップから始めましょう。

今回おすすめするステップはこの4つです!

  1. 明らかなごみを捨てる
  2. 必要以上にあるものを手放す
  3. 収納スペースの収納容量を知る
  4. いらないモノは買わない・もらわない

小さなステップを1つずつ、着実に進めていきましょう!

1. 明らかなごみを捨てる

まずは不燃用と可燃用のゴミ袋を2つ持って、明らかなごみを探してみてください。

探してみると、いかに自分がゴミの中で暮らしていたかに気が付くでしょう。

例えば、こんなものを探してみてください。

  • いらないDM
  • 学校のプリント・古いお手紙
  • 賞味期限の切れた食べ物
  • 小さくなった鉛筆・描けないペン

これは、毎日続けなくてはいけません

ゴミをそこら辺に放置せず、すぐにゴミ箱に捨てるのが大切です。

2. 必要以上にあるものを手放す

洋服や食器など、必要以上にあるものはありませんか?

家族が4人なのに、マグカップが8個あったり、お箸が10膳あったり…。

お客様が多かったり、収集していたりで必要な量はそれぞれ違うと思います。

自分の家族に必要な量を見極めましょう。

文房具はどうでしょうか?

家じゅうのボールペンを集めたら何本になりますか?

そんなに必要でしょうか?

食品やお化粧品などが必要以上にある場合は、新しいモノを買うのを我慢してまずは使い切りましょう。

似たような色・似たような形の洋服は1つを残して、残りは手放しましょう。

  • 洋服・下着・靴下
  • 化粧道具
  • 食品
  • 食器・カトラリー
  • 文房具

3. 収納スペースの収納容量を知る

今まで、モノが増えてくると、新しく収納ボックスなどを購入して収納スペースを用意していませんでしたか?

それ、今すぐやめましょう。

今ある収納スペースに収まる量にするのをまず目標にしましょう。

コーヒーメーカーやトースターなど、毎日5分くらいしか使わないのにずっと出しっぱなしになっているものはありますか?

それも全部収納するのを目指します。

子供のおもちゃは気を付けていないと増え続けるので、「子供のおもちゃ置場」を決めたら、そこからあふれないようにモノを管理しましょう。

洋服も同じです。

今ある収納場所(7割収納が望ましい)が片付かなくなってきたら、モノが増えすぎている合図です

手放せるものがないか考えましょう。

4. いらないモノは買わない・もらわない

モノを減らすことと並行して取り組みたいのが「モノを増やさない」ことです。

モノを買う前に「本当に必要なのか」「必要なくなった時に手放しやすいか」などよく熟考するようにします

衝動買いはやめましょう。

「これがあれば、生活が良くなる気がする!」などという考えは危険です。

買ってしばらくすると上手く使いこなせなかったり、満足してしまって他のモノが欲しくなったりすることが多いです。

「本当に必要なのか?」をよく問いかけて、自分が大好きなモノだけを手元に置けるようにしましょう。

また、レストランで子供がもらうおもちゃや保険会社からのペンなど、必要もないのにもらう事が多いと思います。

ご厚意でいただけるものなので「いりません」とは言いづらいのですが、出来るだけもらわないようにします。

ミニマリストになりたい!時間をかけて1歩ずつ

以上、「ミニマリストになりたい!」と思った時の、モノを手放す方法を説明しました。

人によっては、一気にモノを減らすことができるかもしれません。

でも、たいていの場合数か月~年単位の時間を必要とします。

なかなか進んでいないように思えても、「ミニマリストになりたい」と思ってモノを選定しているのならば、正しい方向に向かっています。

あせらず1歩ずつ、ミニマリストへの道を歩みましょう!