自分磨き

夢を叶えるのためには頭の中の「壁」をとりのぞけ!

夢を叶えるのためには頭の中の「壁」をとりのぞけのアイキャッチ

最近、なんだか思うように物事が進まないなぁと思っているスロブです。

今日は、人の心理的な壁について面白い話を聞いたのでシェアします。

夢を叶えるためには「思い込みにとらわれないのが大切」という話です。

「1マイル4分の壁」の話

オリンピックの競技ではありませんが、陸上競技で1マイル走という競技があります。

1923年にパーヴォ・ヌルミというフィンランドの選手が4分10秒3という記録で世界新記録を出しました。

37年ぶりに世界新記録を「2秒」縮めたこの記録を見て、当時の人々は「1マイル4分を切るのは、人間の能力では不可能だ」と思うようになりました。

(「1マイル4分の壁に挑戦すると人間は死ぬ」とも言われていたみたいです。)

それから31年経った1954年、イギリスのロジャー・バニスター選手がついに3分59秒4という記録を打ち立て、世界で初めて1マイル4分の壁を破ったのです。

面白いのはその後の話で、バニスター選手の驚異的な世界新記録のわずか46日後に、ライバル選手が3分58秒0という記録を出しました。

そして、その後1年の間に4分以内で1マイルを走る選手がなんと23人も現れたというのです。

もちろん、この年に人間の体が急に進化したのではありません。

「人間には1マイル4分以内で走ることはできない」という思い込みが崩れた時、簡単に「出来ないと思っていた事ができてしまうことがある」という事です。

夢を叶える障害になっている壁は何か

さて、あなたにとって夢を叶える障害になっている心理的な壁はなんでしょうか?

ウォルト・ディズニーの名言でこんなものがあります。

もしそれを夢見ることができれば、その夢を叶えることができる。

反対に、人間は自分が叶えられると信じている夢しか叶わないとも言えます。

もし「どうせやっても出来ないし」と思っているのなら、多分できないでしょう。

「周りの人がどう思うか分からないし」と思っているなら、多分それも夢が叶うことはないでしょう。

大切なのは自分!

自分の人生を生きているのは自分だけです。

自分の選択で、「すばらしい人生」にも「つまらない人生」にもなれるのです。

自分の思い込みや失敗の恐怖から、自分の力を制限して、夢をかなえる事を困難にするのはもったいないことです

夢を叶えるためには「具体的に」考える

「1マイル4分の壁」を打ち破ったロジャー・バニスター選手も「4分の壁は自分が真っ先に突破する」と強く思っていたそうです。

そのために使える知識、技術、周囲の人間からの協力はなんでも使ったことでしょう。

自分が何をしたいか、夢を具体的に考えるのが大切です。

人は、具体的に考えれば考えるほど、その夢にたどり着くために何をしなくてはいけないのか思いつくようになります

後は思いついた小さなステップを1つずつ超えていくだけです。

時には「失敗」をすることもあるでしょう。

でも、「失敗」から次なるステップに進むことも出来るでしょう。

すでに同じ夢を成功させている人がいて、その人のように上手く進まないと思うこともあるでしょう。

自分が思い描く夢よりももっと大きな事を、人はいとも簡単に成し遂げているように見えて自分が無力に感じることもあるでしょう。

でも、自分で勝手に「できない」と決めて自分の可能性を狭めないこと。

夢を叶えるためには、まず自分が自分を信じてください。

ウォルト・ディズニーの名言からもう1つ。

もし夢を追い求める勇気があれば、全ての夢を叶えることができる。

最近弱ってる自分に言い聞かせるために書いてみました。

あきらめずに夢をどこまでも追い求めましょう!

夢をあきらめたら絶対に叶うことはないけれど、挑戦し続ければいつか叶う時が来るはず!