モーニングページを始めて1か月で実感した4つの効果

日記を書くのは何度挑戦しても3日坊主になってしまうずぼらなスロブです。

「良いと言われることはなんでも試してみよう」とモーニングページを始めて1か月が経ちました。

今回は、私のモーニングページの書き方1か月経って感じた効果をまとめます。

正直言って、こんなに続けられると思っていなかったのでびっくり。

それだけ、自分の中で「楽しんでる」「効果を感じている」ということなんだと思います。

モーニングページとは?

そもそも「モーニングページ」とは、ジュリア・キャメロンさんが著書の「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」でアーティストが創造性を高めるための方法として紹介されているものです。

ごめんなさい、私はこの本は読んでいないのでネット上にあるやり方やPodcastで人が話しているのを参考にしています。

モーニングページにはこんな効果があるとよく言われています。

  • 瞑想効果。頭がクリアになる。
  • 本当の自分や自分の夢を発見できる
  • 普段なら気が付かない自分の成長を発見できる
  • もやもやがスッキリして、行動できるようになる
  • アイデアが浮かぶ

などなど。

いいことづくめですね。

モーニングページの公式ルール

ルールはいたって簡単です。

毎朝、起きたらスマホをいじったり、誰かと話したりする前にすぐに「頭にあること」をノートに手書きで書き写していくだけです。

出来れば、寝て起きた時の感覚のまま、何かを飲んだり匂いを嗅いだりすることもなく書くのが良いみたいです。

書く量は13ぺージ

そして、大切なのは8週間は読み返さないという事です。

その時、頭の中で思い浮かんだことをどんどん書きうつしていきます。

誰かのために書いているわけでもないので(自分すら8週間は読み返さない)、乱文でも判読不可能な文字でも全然OK!

とにかくどんどん書いていくのです。

何も頭に浮かばないときは「何も書くことない。何も浮かばない」を3ページでも良いとしています。

私のモーニングページの書き方

私は家にあったB5のノートを使って始めました。

字が小さいのでB5を3ページ埋めようとすると大変で1時間かかりました。

さすがに朝の1時間をモーニングページだけには使えず、今は約1ページを15~20分で書いています。

3ページ書くと、頭の中から絞り出す感じになるので、アーティストなど自分の雑念を取り払った先から何かを生み出したい場合は、やはり3ページ書くというのには意味があることなんだろうなと思います。

でも私は1ページ!20分以内には終わらせたいです。

毎日書くのが理想ですが、子供達の体調不良などもあり、この1ヶ月で何も書かない日が3日ありました。

無理はしません

「モーニング」ページですが、寝る前に4回くらい書いたことがあります。

そのくらいアバウトなマイルールでやってます。

最初は小さな読書灯を買って、ベッドの中で書いていました。

でも、私がゴソゴソしてると子供達が起きてしまうので、最近はリビングに降りてきて書いています。

最初の方は1ページにぎっしり書いていましたが、今は読み返す時に読みやすいように、話題が変わったら1行空けて書いています。

とにかく頭にあることをどんどん書いてます。

毎日同じような事を書いている気もするし、少しずつ変わっているような?気もします。

まだ読み返していないのでわかりません。

8週間は読み返しません!

モーニングページを1ヶ月書いてみて感じた効果

モーニングページが1か月続いて感じた効果は以下の4点+1点です。

  1. 考え事を始めるとノートに書きたくなる
  2. 「集中している」瞬間に気が付くようになった
  3. 早起きが習慣になった
  4. 日中の頭が静かな気がする
  5. アイデアが浮かぶようになるらしいが、私はまだ。

では、もう少し詳しく説明します。

考え事を始めるとノートに書きたくなる

2週間くらい経った頃から、頭で何かを考え始めると「書きたい!」となってきました。

どうせ考えるなら書きたい、という感じでしょうか。

書いたから何、という感覚はありませんが、考え事をそのまま垂れ流しにしていることがもったいなく感じてきます

「集中している」瞬間に気が付くようになった

モーニングページは、「瞑想効果がある」のを期待して始めました。

私の場合、頭の中がいつもごちゃごちゃ考えていてうるさくて、瞑想をしようとしても出来ないんです。

結果、「瞑想効果がある」かどうかはわかりません

書き終わったときにスッキリしている、という感覚もイマイチありません

でも、「頭がうるさい!」と思う事は少なくなりました。

モーニングページを始めて2週間経ったころに、いつものエクササイズをしていて何も考えていない事に気が付きました。

「エクササイズに集中している」感覚は初めてでした。

その時はじめて、いつもごちゃごちゃ考えてやってた事に気が付きました。

仕事中も集中してやっていて、仕事中に自分の自由な事がやりたくなる衝動が減った気がします←オイ!

早起きが習慣になった

モーニングページを書いている時間は絶対に誰にも邪魔されたくないので、早起きが出来るようになりました。

うちは下手すると朝の5時には家族みんな揃ってしまうような早起き家族(私だけ夜型人間)なので、遅くとも4時半までには起きるようにしています。

ただ家事を朝活としていた時よりも、朝いちばんにモーニングページで自分の時間を取ると決めたので、自分のために早起きできているのかも、と思います。

日中の頭が静かになった

先にも書きましたが、私は日記が書けません。

多分、日記だと改まって書く必要があるからだと思います。

未来の自分が読み返すことを想定して書くので、その時の感情を書いているにしても、ちゃんと文を考えて書くので、書き始めるためには「意識のパワー」が必要というか、要は面倒くさい…。

でも、モーニングページは「頭にあることをとにかく書く」だけです。

例えば、

あ~、今日は寒い。寒い日はおでんが食べたい。けど、みんなおでんあんまり食べないから作るだけ無駄。コンビニで買うか?でも汚そうでやだなぁ。

みたいなことをひたすら書いていきます。

で、ノートに書くと、その事についてはあんまり考えないようになるのかもしれません。

だから日中の頭が静かなのかな、と思います。
1か月経ってみると、ずーっと考えてて「頭がうるさいなぁ」と思ってた日々がどんなだったか思い出せないくらいです。

アイデアが浮かぶようになるらしい

これは、まだ私が実感した効果ではないのですが、モーニングページを続けていくと、アイデアが浮かぶようになるらしいです。

でも、私はまだそこまでは来てません。

でも、ごちゃごちゃ考えてるだけなら進まなかったかもしれないけれど、書き出したことで前に進めたことはあるかもと思います。

もうちょっと続けて、とりあえず8週間目の読み返しを楽しみにしています。

モーニングページはオススメ

モーニングページを始めてまだ1か月ですが、いい方向に効果が出ているのを感じています。

手書きが面倒くさければ、PCに向かって打つのでもいいかもしれません。

ミラクルみたいな効果はないかもしれないけれど、もし色々悩んでいたり、前に進めない問題があったりしたら、書き出すことで前に進めることがあるかもしれない、と思うくらいな効果を感じています

もし、いつもより15分早く起きれそうだったら、モーニングページをおススメします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA