時間管理

主婦でも自分の時間を毎日持つための方法とは?

自分の時間をあきらめないのアイキャッチ

仕事に子育てと忙しくて自分だけの時間なんて持てないよ!と思っていませんか?この記事では、主婦が自分の時間を毎日もつためのマインドセットと「秘儀」を説明します。忙しい主婦&ママでも、必ず「自分の時間」を持つことはできるんです!

主婦業って小さな仕事がたくさんあって、しっかり管理していないと自分の時間は取れず、朝から晩まで人の世話だけで終わる…なんてことになりかねませんよね?

そこに子育てや仕事(私の場合はパートですが)が加わるわけですから、もう…心中お察しいたします。

私も(?)、少し前までは子供に起こされて起床し、疲れて子供と共に寝落ち、いつも家事が中途半端になっているという生活をしていました。

家事すら終わらないのに、自分の時間なんて絶対に無理!と思っていました。

でも、「自分の時間を持つ」と決めてからは、少しずつですが時間の使い方が上手になってきました。

あ!私が「自分の時間」と言っている時は、自分1人で誰にも邪魔されずに家事をする時間じゃありませんよ!

自分の時間=本当に自分ために使う時間です!

ブログを書いたり、本を読んだり、映画を観たり、縫い物をしたり、とにかく自分が楽しむ時間のことです。

この記事では、主婦が自分の時間を持つために必要な、タスク管理のマインドセットを説明します。

生活に追われてると感じる忙しい主婦のみなさん、一緒に「今日の私」を大切にする生活にシフトチェンジしましょう!

主婦が自分の時間を持つために「明日できることを今日やるな」

「明日できることを今日やるな」と聞くと、だらけた考えだと思う人もいると思います。

私は子供の頃に「今日できることは今日やれ!」「明日に延ばすな!」って言われて育ってきた世代です。

「明日出来ることは今日やるな」と言われると「へ?」となってしまいます。

やらなくてはいけないタスクがあったとき、なんでもやみくもにやっていたらどうでしょう?

きっと効率が悪いですよね。

なので、「緊急性がなければ明日やろう」というの考え方は「マニャーナの法則」と言うそうです。

マニャーナはスペイン語で「明日」と言う意味です。

「タスクを思いついたら付箋に貼って、スキマ時間を見つけたらやろう」と、私が傾倒していた手帳術の本にも書いてありました。

確かに達成感はあるのかもしれません。

主婦業・ママ業をしっかりやろうとすると、何でもかんでもタスクを詰め込んで、 Todoリストを作って、 ガシガシやらなくてはいけないと思いがちですよね。

でも、Todoリストを作る=効果的なタスク管理ではありません。

主婦の抱える仕事の多くは、明日と言わずに出来るだけ後回しにした方が効率が良くなることも多いのです。

今日やらなくてはいけないタスク以外は明日以降に回すことで「今日」時間が生まれます。

生まれた時間は、家族との時間や自分の時間に使うことができます。

「今日」の時間を大切にできなければ、「いつかはきっと」の未来でもきっと時間を大切に出来ないでしょう。

だから「今日」を大切にする時間の使い方にシフトチェンジするのが大切なのです。

主婦が自分の時間を持つ方法

では、具体的にどうしたら「明日できることを今日しない」の考えをもとに主婦が自分の時間を持つことが出来るのか考えてみます。

私の考える主婦が自分の時間を持つための秘儀はこの5つです。

  1. 主婦業の営業終了時間を決める
  2. 必ずやらなくてはいけない事をルーティン化する
  3. やることリストをカテゴリー分けして1つにまとめる
  4. 緊急性のないLINEは寝る前にまとめて返信する
  5. やりたくない事は断る勇気を持つ

では詳しく説明します!

主婦業の営業終了時間を決める

主婦の仕事は多岐にわたって、本当に小さい事から大きい事までたくさんあります。

今日の主婦業の営業終了時間を決めれば、その時間までに終わらせようとテキパキ動くことが出来るでしょう。

無駄にダラダラ仕事をして残業をしているサラリーマンみたいな感じで家事をしているのでは時間がもったいないです。

自分時間を確保するためにも必ず終了時間を設定して、自分の時間をスケジュールに組み込んでください。

私の場合は起床~5時半までが自分時間にしています。

自分時間は誰にも邪魔されない大切な時間となっています。

夜家事が早く終わって、早く主婦業を閉店できたら家族の時間です。

子供とテレビを見たり、おしゃべりしたりを楽しみます。

家事も自分の時間にやっていることも家族との時間も、終了時間が来たら中途半端でもおしまいです。

完璧に終わらなくても、明日またやればいいんです。

必ずやらなくてはいけないことはルーテイン化する

掃除・洗濯など、主婦の仕事には必ずやらなくてはいけない事があります。

そこは、もう最初からスケジュールに組み込んでおきます。

私の場合は5時半~8時半は「朝の家事」、16時~20時は「夜の家事」の時間と大体決まっています。

ここはもう頭で考えなくてもやる事は決まっています。

掃除・洗濯・学校の準備・食事の用意・後片付け・宿題や連絡帳のチェック・寝かしつけなどなど、習慣になっているものに使う時間です。

でも、ルーティンのことは毎日やっているので、忙しくて多少取りこぼしても大丈夫です。

子供の学校関係だけしっかりやっていれば!

出来なかったらまた明日でOK!

やることリストをカテゴリー分けして1つにまとめる

「歯医者を予約する」「単三電池を買う」などのやる事リストのカテゴリー分けをします。

思い立った時にAmazon Echoに話しかけて追加することが多いですが、アレクサアプリは「買い物リスト」と「やることリスト」の2つの分類しかないので、使い勝手が悪いです。

何かいい管理の仕方がないか模索中ですが、とりあえず私のカテゴリー分類はこれです。

  • 電話
  • 買い物(100均、ドラッグストアー、食品、洋服)
  • いつかやる

とにかくタスク管理の最大のコツは「タスクを出来るだけひとまとめにする」という事です。

私はとにかく電話が嫌いなんです。

予約や連絡事項など電話をしなくてはいけない事をまとめておいて、「えいや!」で電話します。

一気にやることで、「面倒くさいから今度にしよう」を防げます。

それから、買い物は、ギリギリまで待ちます。

「あ!電池がない!」と思った時にすぐに買いに行って、次の日にまた「消しゴムがない!」と買い物に行くのでは時間の無駄です。

どうしても買い物に行かなくちゃ困るくらいまで待って、リストにあるものを買いに行きます。

その時も、学校のお迎え帰りにドラッグストアーに寄る、とか仕事帰りに食料品店に寄るなど出来るだけ時間のロスのない組み合わせを考えます(田舎なのでお店同士が離れているため)。

アイロンがけもハンカチを洗うたびにアイロン台を出して、アイロンを温めて…という事はしません。

ギリギリまで待って、子供の給食当番のかっぽう着など、絶対にアイロンをかけなくてはいけない物が出てきたときに一気にアイロンをかけます。

必要な時にすぐにやるのではなく、もうやらないとヤバいとなったらやればいいんです。

緊急性のないLINEは寝る前にまとめて返信する

「今日の宿題なんだった?」とか「相談があるんだけど…」といった趣旨のLINEはすぐに返信します。

でも「(今日が月曜日で)木曜日の英語のクラスあるっけ?」とか、「メダカが死にそうなんだけど(私はメダカの専門家ではない)」とかの緊急性のないものは寝る前にまとめて返信します。

ママ同士なので、返信が遅くなっても普通はみんな大丈夫です。

その都度返信していたら、やっていることの効率も下がってしまうので、チラっと見るかもしれませんが返信はしません。

すぐに返信しなくても大丈夫だから、こちらの都合で返信すればいいんです。

やりたくない事は断る勇気をもつ

学校のママ同士のサークルやお付き合いで言っている教室など、本当はやりたくない事に時間を使うのはもったいないです。

一度始めてしまうと、なかなか次から断りづらくなってしまいますが、断る勇気を持ちましょう。

「忙しくなっちゃったから」とか「時間の都合が合わなくなっちゃったから」と言えば理解してくれるでしょう。

そのことで陰口を言われるようならば、最初からそのグループには属している価値もなかったのだから気にせずに自分の時間を大切にしましょう!

まずは自分が自分の時間を大切にすればいいんです。

主婦が自分の時間を確保しつつ、家事もちゃんと終わらせるには

「明日できることは今日やるな」と言っても、ちゃんと家事を終わらせたいしっかりさんもいますよね。

私は基本ずぼらなのであまり気にならないのですが、夫に怒られたくないのでそれなりにやる必要があります。

それには「2分ルール」です!

デビット・アレンのGTD(Getting Things Done)のメソッドにある「2分ルール」は、2分間でできることは、今すぐやれというルールです。

例えば3日後に提出締め切りの、出欠を〇して名前を書いてはんこを押すだけの学校の手紙があったとします。

これを前日までやらずにいると、ずっと「あぁ、あれ提出しないと…」と覚えておかないといけないからです。

始めたら2分で終わることはその時やってしまったほうが楽です。

覚えておかないといけない事が多いと、脳みそが疲れます

考えてみると、主婦の仕事はやり始めたら2分以内に終わることがとても多いです。

ヨゴレも片付けも蓄積してから取り掛かるのではなく、さっさとやってしまった方がいいです。

主婦でもママでも「自分の時間」をあきらめないで

子育て中のママでも、兼業主婦でも自分の時間を持つことをあきらめないで欲しいです。

時間はないと思えば、いつまでもありません。

でも、「自分の時間を作る」と決めれば、時間は作れます

自分の時間が出来れば心に余裕が生まれます。

忙しくて、余裕がなくてイライラして子供や夫に当たってしまっては本末転倒です。

忙しい主婦でも自分の時間は作れます。

何を犠牲にしなくても自分の時間は作れます。

「自分の時間を作る」と決めるだけです。

主婦でもない、嫁でもない、ママでもない、「私」を大切にしましょう。