美容

まつむらまこさんのメイクレッスンを受けました

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスンを受けました

心積もりノートラボの仲間にまつむらまこさんがいます。

初めてZOOMを通してお会いした時に、あまりにも美しく輝いていてびっくりしました。

だだ漏れる女らしさと余裕すら感じられる心の豊かさ…(が、お顔に出ているのです)。

そんな彼女がオンラインメイクレッスンのサービスを始めたというので、体験してみました。

実は、そんなにメイクに興味のなかった私(メイク時間5分)。

以前、友達に誘われて行ったメイクレッスンでは、フルメイクを教わったものの、1つも生活に取り入れることなく終わったこともあります。

「どうかなぁ~…」と思いながらも、ノートラボの仲間が次々と魔法にかかったみたいに輝きを増していて、体験せずにはいられませんでした。

女はいつまでもキレイになりたいもんね!

この記事では、

  • まつむらまこさんのメイクレッスンってどんなの?
  • まつむらまこさんのメイクレッスンでどう変わった?

についてご説明します。

スポンサーリンク

まつむらまこさんのメイクレッスン

まずは、まつむらまこさんのメイクレッスンについて、こんな感じだったよ~というのをお伝えしたいと思います。

(まこさんの美しさはInstagramから見れます!)

メイクレッスンと言うと、普通1回きりでメイク術を習って終わります。

でも、上の募集でも分かる通り、まつむらまこさんのメイクレッスンは、なんと2週間のコンサルが付いてきます。

申し込むと、まず、2時間のレッスンの日にちを決めます。

基本は平日の10時~か13時~。

今は予約がいっぱいで、結構後の日にちになっちゃうそうです。

その2週間前から本格的なコンサルが始まります。

まつむらまこさんのメイクレッスン
  • 2週間のコンサル
  • 2時間のライブレッスン

それぞれどんなことをするか詳しく説明しますね。

2週間のコンサル

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスン詳細①

2週間のコンサルは、手持ちの化粧品や基礎化粧品を伝える事からスタートしました。

そして、すっぴんの写真と自己流メイクアップの写真を送ります。

スッピンの写真は、「眉毛をこういう風に描くと良いよ」とか「ここにハイライトを付けると良いよ」みたいなのを書いて送り返してくれます。

「眉毛がうまく描けない」という私には、動画も送ってくれたよ

事前に理想の女性像を聞かれたんですが、確かに「どういう人になりたいのか」でアドバイスの内容が大分変ってくるんだと思います。

私は「着飾らなくても、内面からやさしさや大きさが溢れ出ている女性」と伝えました。

なので、メイクの技だけではなく、素から美しくなるためのスキンケアのアドバイスも沢山いただきました。

自分の肌を活かすためのスキンケアのしかたや、自分の肌への触れ方、クレンジングの仕方などなど…。

2週間のコンサルだけで、私の場合は肌が柔らかくなって輝きが増しました。

ズボラだから肌が変わっても分からないって思ってたけど、ズボラでも分かるくらい明らかに変わったよ

「技術を伝える」のは誰でも出来る。

でも、2週間のコンサルでまこさんの美の意識に触れる機会を得たのは、とても意味が大きかったです。

「自分の中の美しさに自信を持つ」ことが大切だと気が付きました。

スポンサーリンク

2時間のレッスン

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスン詳細②
↑こうやって化粧するのは無理だから鏡を用意しよう!

2週間のコンサルで、眉の書き方、ファンデーション(私の場合はBBクリーム)、ハイライトの入れ方を習っていたので、むしろ何を習う?という感じでした。

(私は化粧の工程がすごく少ないのです。)

希望を出して、クレンジングのやり方を見てもらう所からスタート。

クレンジング剤の量、肌の触れ方、気を付けるポイントなどを習いました。

基礎化粧品を塗る順番や、化粧水が「浸透した」と感じる目安なども習いました。

メイクの部分では、文字や画像のやり取りで伝えきれなかった所を存分に教えていただきました。

眉毛の描き方が今までと全然違うから、練習が必要だよ

私のメイクはBBクリーム→眉毛→アイライン→マスカラ→チーク→ハイライトのみなので、最短記録の1時間30分で終わってしまいました。

30分、まこさんと美容トークが出来たのも楽しかったです。

長い人だと、メイク時間が3時間くらいかかることもあるそうです(汗)

スポンサーリンク

メイクレッスンを受けて変わった事

まこさんのメイクレッスンを受けて、変わった事をこの3つに絞ってお伝えします。

  1. 買い足したメイク道具
  2. メイクに掛ける時間
  3. メイクに対する意識

では、まずは2週間のコンサル中に買い足したメイク道具から。

買い足したメイク道具

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスンで変わった事①

ミニマリストに憧れて、メイク用品をかなり減らしていました。

でも、まこさんのコンサルを受けるうちに「もっときれいになりたい」欲がムクムク湧いてきて、いくつか買い足しました。

  • アイブロウパウダー(パウダー買うのは人生初です)
  • アイブロウブラシ(100均)
  • チーク(今まで使っていたのは色が合っていなかった)
  • あずき色のアイライナー(目頭切開ラインを引くのに黒いラインだと違和感があったので)
  • マスカラ
  • アイシャドウ

まこさんは「これを買え」というのは言いません。

今あるメイク用品でなんとかなるようにアドバイスをくれます。

でも「ここをこうするともっと良いよ」というアドバイスを聞くと、ムクムクやる気になっちゃうんですよね。

アイシャドウは、コンサル中は「つけません」と突っぱねていたのですが、レッスンで「こういうのをこう塗ると若々しく見えるよ」と教えてもらい、買いに走ってしまいました(笑)

メイクにかける時間

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスンで変わった事②

元々メイクに掛ける時間は5分もありませんでした。

朝からしっかり洗顔してスキンケアをすることもなく、いつも化粧水の浸透を待つことなくオイルで蓋をしてべちょべちょになっていました。

まこさんのメイクレッスン後は、20分くらいかかってるかなぁ?

朝からクレンジングをして、1つずつ基礎化粧品が浸透するのを待って…とやっていると時間がかかります。

最初は30分くらいかかっていましたが、今は手を抜いたり、出来る事出来ない事を精査して20分位です。

長いなぁって思うけど、その時間を自分にかけてあげたい

メイクに対する意識

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスンで変わった事③

メイクに対する意識は大分変りました。

今まで「他の人が不快に感じない程度に化粧していればいい」という感覚で化粧をしていました。

でも、まこさんを見ていると「自分でいる事を楽しんでいる」という感じがします。

肌の触れ方ひとつでも、「自分が自分を愛している」って伝わるんですよね。

「肌をやさしく触る」のは技術なんですが、そこに思いを込めるとちゃんと伝わってくるんです。

内面の方はノートを書き始めて「自分は自分で良い」と思えるようになったんですが、外見はね~…。

鏡を見ると、シミを凝視してみたり、毛穴を見てみたりしてました。

でも、そこに写っているのは、シミも毛穴もあるけど、「私」なんだなぁって。

人と比べる事の意味のなさ、自分を信じない事のもったいなさを感じました。

私はこの顔で生きているのだから、私の魅力をそのまま出せばいいって考えるようになりました。

毎朝、鏡をみて「毛穴~」と思っていたのが、「うん、良い顔だなぁ」と思えるようになりました。

スポンサーリンク

まつむらまこさんのメイクレッスンを受けた方々の声

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスンの口コミ

感想を公開されている方はお2人しか見つけられなかったのですが(お2人ともノートラボの仲間です)、「そうそう、分かる分かる」という感じです。

私もこのお2人の表情の変化を見て、レッスンに申し込みをしたのです。

お2人とも、表情がすごく柔らかくなって、輝きが増したんです。

メイクレッスンで外見が変わっただけじゃなくて、内面から変わったのがすごく見ていて分かったんです。

私の
女性としての本当の望み
を引き出してくれたレッスンでした。

yasuko

まこさんの自然な可愛らしさと
プロ目線からのアドバイスは、
凝り固まっていた私の本当の望みを引き出してくれました。

yasuko

まず最初に
自分をまっすぐ見る
自分に優しく触れる
ということを教わりました。

木村道子さん
スポンサーリンク

【まとめ】まつむらまこさんのメイクレッスンはノートと同じ!

【画像】まつむらまこさんのメイクレッスンはノートと同じ

まこさんにメイクレッスンを申し込んだ時、「化粧をほとんどしない私だけど、やすこさんや道子さんのように魔法をかけて欲しい」ってお願いしました。

でも、まこさんからは「私はやり方は教えられますが、残念ながら魔法はかけられません。マジックをかけるのは、やはりご自分のなんです」と言われました。

その意味が、今ならわかります。

メイクで変えられることなんて、ほんの少し。

まずは「綺麗になろう」と決めるだけで、自分が輝き始める事。

惰性で生きるのではなく、今の自分をしっかり見て、しっかり感じて、しっかり愛する

望む自分を見て、今を生きる。

まこさんのメイクレッスンはノートと同じでした

合わせて読みたい