自分を磨く

成功者が実践している「今日からマネできる」8つの習慣

【画像】成功者がやっている8つの習慣

成功者は「早起き」や「瞑想」を習慣にしている人が多い…

というのは、いまや一般常識のようになってきました。

でも、「早起き」と「瞑想」だけではないはず!

と思い、成功者の習慣について調べてみました。

この記事では、自分でもまねできそうな「成功者が実践している8の習慣」についてまとめます。

成功者が習慣としていること8選

ではさっそく、成功者の習慣としている事を説明します。

調べてみると色々あるのですが、私が特に気になったのはこの8点です!

  1. 本をたくさん読む
  2. 学びを未来に活かす
  3. 自制心を持つ
  4. 前夜に翌日の計画を立てる
  5. 障害は取り除く
  6. 献身的に時間を費やす
  7. 感謝を表す
  8. 健康に気を使う

では、もう少し細かく見てみましょう。

本をたくさん読む

成功者の多くは読書を習慣としています。

かのビル・ゲイツ氏も寝る前に1時間強の読書をするそうです。

必ず読書の時間を持てるように、夜のルーティンに組み込んでいるのです。

そして、途中で興味がなくなった本であっても必ず読み終える事を自分に課しているそうです。

筆者の本当に伝えたい事を理解するためには、そしてそれを自分の中で完璧に理解するためには最後まで読み切らないといけないのだと思います。

新しい知識・新しい考え方を学び、今の自分に反映できるのが読書の良いところです。

学校では教えてくれない知識を自分で積極的に学びに行かなくては、成功者にはなれません。

毎日必ず何かを「インプットする」という習慣がないと「アウトプット」も出来ません。

無理のない1日20分程度から始めてみるといいのかも。

学びを未来に活かす

またビル・ゲイツを例に出しますと、彼は本を読みながら余白にたくさんメモを取ります。

「本に書いてあることと、自分の知識をつなげるため」だと言います。

なかなか筆者を理解出来ないと延々とメモを取り続けていて、なかなか本を読み終えることができないそうです。

自分の知識と本に書いてある新しい知識をつなげれば、新しい知識を自在に使う事ができるという利点もあります。

私たちは日々色々な情報に触れ、学びや気づきをします。

でも、それをそのままにしておくと、忘れてしまうだけですね。

だから、

ノートを1冊買って、そこに全部書き込みましょう。

本を読んで気になった言葉、アイデア、インスピレーションなどなどなんでも。

大切だと思ったものは、そのまま流さず、後から読み返せるようにしておきます。

自制心を持つ

ダラダラしたい日とか、どうしてもやる気が出ない日ってありますよね。

もちろんリラックスするのも大切です。

でも、リラックスするなら、ちゃんと心からリラックスしないと意味がありません。

「やらなきゃなぁ」と思いながら、何もしないでいるのは「リラックスしている」とは言いません

どうしてもやる気がでなくても「やらなくちゃいけない」なら、とにかく少しでもやってみる。

一旦やり始めれば、ちゃんとできる事もあるかも!

ダラダラしたい時やもっと遊びたいときに、どれだけ自制心を持って自分を律することができるのか…。

ここに成功者と普通の人の差はあると思います。

天才的で努力もせずに成功する人もいるかもしれませんが、

多くの成功者は普通の人よりたくさん努力しています。

前夜に翌日の計画をたてる

計画がなくては、なんとなく来るものを次々に終わらせて…という1日になります。

普通の人は森の中をなんとなく目的地に向かって歩いているイメージ。

成功者は、1日を最大限に利用して生産的に過ごそうと考えています。

翌日に絶対にやらなくてはいけないことを3点程度考え、それをやる時間を計画します。

翌日、自分が過ごせる最高の1日をシミュレーションします。

成功者は森の中に事前に道を一本引き、確実に目的地までたどり着くイメージ。

道があることで、より戦略的な意思決定ができるようになります。

やらなければならない事が明確化するのです。

障害は取り除く

とにかく私たちの今生きている時代は、何かをやろうと思っても違うところに目が行きがちなのです。

ちょっとメールをチェックしたいだけなのに、面白そうなニュースのヘッドラインを見てしまったり。

集中!集中!

成功者は自分が集中できなくなってしまう障害が何かを知っています。

だから、その障害が起きない時間帯に仕事をしたり、自分で工夫をしています。

目標に献身的に時間を費やす

多くの野球少年が「将来はプロ野球選手になりたい」と夢を語りますが、本当にプロになれるのは一握りです。

成功者と成功しなかった人を比べてみると、明確な違いがあります。

それは、

その目標に対して割いている時間です。

ある選手は、子供の頃から誰よりも早く起きて近所を走ったり、練習が終わった後も素振りを自主的に練習したりしたかもしれません。

それを少年野球の練習や部活の練習だけでプロになれるかと言ったら、ほぼ可能性はゼロです。

もしかしたらプロ野球選手Aさんとプロ野球選手Bさんでは割いた時間に差が大きくあるかもしれません。

Aさんは身体能力が高く、Bさんより少ない努力でプロになれたということもあるでしょう。

でも、目標を成し遂げるための基礎を作る努力は、誰しも必ず必要なのです。

自分が目標を達成できると信じているから、献身的に自分の時間を割くことができるのです。

感謝を表す

成功者の方々は本当によく寄付をしますね。

お金があるから?税金対策?と勘ぐってしまうから成功者になれないのか?笑

よくオリンピック選手のインタビューなどでも聞きますが、

「この成功は一人だけのものではない。みんながいなければできなかった。」

という言葉。

金銭的に成功した人も、スポーツや研究などで成功した人もきっと同じ気持ちなんでしょうね。

まず、感謝すべきは直接支えてくれる家族や友人や関係者の方々だと思います。

その人たちにちゃんと感謝の気持ちを表すことができたら、次は社会貢献に目を向けましょう。

お金がなくても、地域のボランティアをしたり、学校の役員を率先したり…

対価を求めずに人のために労働する事は出来ます。

つらくないほんの少額だけ募金することも出来ます。

成功者になるためには、まず成功者と同じ振る舞いをしてみるのもいいかも。

健康に気を使う

くたくたに疲れている状態で100%の力を出し切ることはできるでしょうか?

もちろんできませんよね。

成功者は自分の健康には強い価値を見ています。

食事のバランス、適度な運動、睡眠…。

どれもきちんと気を付けています。

寝る時間を割いてまで、目標に向かって努力しても、疲れ切っていて良いパフォーマンスではないと思います。

さらに次の日も睡眠が足らずに疲れていたら、その日のパフォーマンスも下がってしまいます。

成功者はそういう負の連鎖を嫌います。

自分が心身ともに健康であることが、成功への絶対条件なのです。

成功者の習慣を取り入れてみよう

成功者の習慣を8つ挙げてみましたがどうでしょうか?

まずは小さなステップから始めてみる事です。

そして、大切なのは続ける事!

成功に近づくためのステップを積み重ねて、習慣にすることです。

できる事から1歩ずつ。

スロブ
スロブ
私は戦略的な読書から始めます! まずは必ず読書に集中する時間を作ります。

関連記事