ミニマリズム

ミニマリズムの先にゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)がありました

ミニマリズムの先にゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)がありましたのアイキャッチ画像

ミニマリストの考え方にすっかり感化されたものの、現実にはミニマリストとは程遠いスロブです。

最近、ミニマリストについて色々と調べていたら「ゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)」に出会いました。

自分の買うものをしっかり選択して、必要な分量だけを買い(そもそも必要な分量も減らす)、大切に長く使うというのはミニマリストの考えと同じです。

そこからもう少し環境に配慮した生活にシフトしたのが「ゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)」です。

ゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)とは

2013年にアメリカに住むフランス人のベア・ジョンソンさんによって書かれた本「ゼロ・ウェイスト ・ホーム」で提唱された家庭から出るゴミを限りなくゼロに近づける努力をする運動の事です。

断捨離をしていて、私は沢山のモノを処分しているけれど、そのゴミの行く先をあまり考えたことがありませんでした。

ゴミを処分するためには、たくさんのお金とエネルギーと環境負荷がかかっています。

モノとしての寿命が終わっていないモノまで「とりあえず目の前からなくすため」に処分しています。

私の住む町では、農協の直売所の野菜もプラスチックの袋に入っているし、量り売りのお店もないし、豆腐屋さん、お味噌屋さんなんて専門店もないのでベア・ジョンソンさんのような生活は出来ません。

でも、まずは「ゴミを減らそう」という気持ちを持つことが大切かなと思いました。

ゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)の5つのR

ゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)の基本軸となる5つのRがあります。

  1. Refuse:不必要なものは断る
  2. Reduce:必要なもの、ゴミとなるものを減らす
  3. Reuse:繰り返し使えるものは使う
  4. Recycle:リサイクルする
  5. Rot:堆肥化する

では、1つずつ見て、私に何が出来るのかを考えてみます。

Refuse(不必要なものは断る)

断捨離を学んだ時も「まずは断つ」という学びがありましたが、ゴミゼロ運動(ゼロウェイスト)でも、やはりまずは「持ち込まない」です。

プラスチックは堆肥化できないし、近年マイクロプラスチックとして魚の体内に入り込む(そしてそれを食べた人間にも!)と問題にもなっているので、減らす努力が必要です。

ショッピングバッグを持ち歩く、特売のプラスチックで個包されていない野菜が買えるときはそれを選択する(ビニール袋にいれない)、ストローやプラスチックの蓋は断る、水筒を持ち歩く、My箸やタンブラーを持ち歩く、過剰包装を断る…はすぐに実行できることです。

また、断捨離的にもそうですが、「今すぐに使う本当に必要なモノ」以外は持ち込まないのも大切です。

ポケットティッシュやノベルティ、人のご厚意でいただけるものは断りづらいですが、出来るだけ「No」を伝えていきたいです。

あと、いらないDMやカタログも!

Reduse(必要なもの、ゴミとなるものを減らす)

食材しかり、ファッションアイテムしかり、本当に必要な分だけ持つようにしたいです。

私の場合は、まだまだ家にモノがあふれているので、断捨離を進めつつ、自分が必要だと思っている量を減らしていくことにも努めたいと思います。

生活をミニマルでシンプルにして、大切なものを大切に扱えるようにしたら自然とゴミになる消費も減ると思います。

何かを買いたいと思った時は、衝動買いをせずに本当に必要なのか、ゴミにならないかを考えて賢く買い物をするようにします。

ごみを減らすという観点では、ラップやジップロックの使用を減らして出来るだけ保存容器を使うようにする、電子書籍や音楽のダウンロードを利用する、後ネット通販の過剰包装も気になるので減らしていきたいです。

Reuse(繰り返し使う)

リサイクルをするためには、大量のエネルギーを必要とします。

また、リサイクルに出したからと言って、必ずしも同じ資源に戻るわけではありません。

まずは、リサイクルする前にその製品をそのままの形で使うことが出来るか考える、また使える製品を選ぶのが大切です。

私がいますぐに実行できることは、古着の回収に出す、不用品はフリマアプリで手放す、ティッシュの使用を減らしてふきんで対応できるところはふきんにする、繰り返し使える電池を使う、詰め替え用の製品を選択する、図書館を利用する…くらいですかね。

Recycle(リサイクルする)

リユーズできないものはリサイクルに出します。

「リサイクル」と言っても、先に述べたようにリサイクルするために大量のエネルギーが必要で、元々の製品に戻ることは多くありません。

リサイクルに出したつもりが、リサイクルされずに焼却処分されているなんてニュースも見聞きしたことがあります。

リサイクルに出しているから、環境に配慮した生活が出来ていると思っていましたが、それが間違いでした。

リサイクルに出さなくて良いように、リユースできるもの(長く使えるもの)を選ぶのが大切です。

具体的に出来る事を考えてみましたが、ペットボトルや缶コーヒーなどの使用を減らすくらいしか思いつきませんでした。

リサイクルをしなくていいように、持続可能なモノを選ぶのが大切なんだと思います。

Rot(堆肥化する)

10年位前に生ごみ処理機が流行った時期がありました。

私が買ったタイプは電気を使って処理するタイプだったのですが、東日本大震災の時に電気の使用を減らそうと思い、それ以来生ごみをたい肥化していません。

家庭用のコンポストではなかなか難しいようですが、本来テッシュや紙ごみも堆肥化することができるようです(ただし、インクや紙を作るときに使う化学製品が野菜を作るときのたい肥として安全かどうかについては不明)。

電気を使わないタイプのコンポストは臭いや虫の問題があり敷居が高いのですが、ちょっと調べてみようと思います。

ゴミを減らすを意識してみよう

ベア・ジョンソンさんもストイックなゴミゼロ(ゼロウェイスト)生活から、「自分でやること」「他の人に任せる事」「家族も協力できること」などバランスを探す日々があったようです。

我が家の場合は、夫はそれなりに環境に配慮しているので協力を仰ぎやすいですが、まずは断捨離と同じく私自身から変わっていくのが良いかなと思います

買い物の仕方、製品の選択、日々何気なくやっている行動を「ゴミを減らす」を意識するだけで、少し変わると思います。

ゴミゼロ(ゼロウェイスト)は理想です。

どうせ無理だからやらない、ではなく辛くない程度に出来る事を少しだけやってみようと思います