ミニマリストに断捨離を学んだら、捨てられなかったモノが捨てられました

断捨離が進むにつれて、ミニマリストのように暮らしたい!と思い始めたスロブです。

昔はあまり良い印象のなかったミニマリストですが、ミニマリストについて調べていくうちに考えが変わってきました。

ミニマリストについて学んだこと、そこから断捨離できたものを紹介します。

ミニマリストの昔と今

やましたひでこさんをはじめとして断捨離ブームがあった数年前に、ミニマリズムも脚光を浴びた時期があったと思います。

その時のミニマリストと今のミニマリスト、少し様子が変わってきたなぁと思います。

ひと昔前のミニマリスト

ちょっと前に流行ったミニマリスト特集で、何もない部屋で座布団すらないフローリング床に座った子供達がテレビを見ている…なんて言う衝撃的な映像がありました。

モノが減って管理しやすく、掃除しやすい家というのは良いかもしれないけれど、「なにもない」というのは「それは違うだろ」という思いがありました。

独身ならば好き勝手にモノを減らして、何もない小さな部屋に好きなものだけ持って生活するのもいいかもしれません。

でも、夫がいて子供がいて…となると、私にとって家は

  • 家族・友人が集うところ
  • リラックスできるところ
  • 人を招待するときに「歓迎されていると感じる場所」であるところ

だなぁと思います。

今のミニマリストは目指すべき存在

最近は第2次ミニマリストブームなんでしょうか?

アメリカでもタイニーハウスやこんまりさんが流行っていて、「モノを減らす」についてよく見聞きするようになりました(アメリカの番組やPodcastをよく聞いています)。

日本でも尾崎友吏子さんや梨花さんなど、家族がいて、インテリアにこだわったステキな家に住みつつ、持ち物を厳選しているミニマリストという方に目が向くようになりました。

最近のミニマリストはこんな感じ:
  • 自分に大切なものを知っていて、大切にする。
  • 無駄なモノの管理に時間も労力も取られない。
  • 最低限の持ち物を最大限活用する。

「なにもない」だけじゃなく、「必要なものだけ」のミニマリズムが、たくさんのモノを管理できない私の目指す姿かなと思いました。

ミニマリストの断捨離

ウィリアムモリスの書いたパターンの壁紙が好きで、我が家でも使っているんですが、そのウィリアムモリスの名言で

役に立つと思うものや
美しいと信じているもの以外は
家に置いてはならない。

というのがあると、Myquillyn Smithさんの書いた「Cozy Minimalist Home: More Style, Less Stuff (英語)」という本で知りました。

これを聞いて、Myquillynさんは「“今”、役に立っているか美しくないモノだったら家に置いておくべきでないと思ったそうです。

「今」に焦点を当てると、断捨離がしやすくなる!

それから、「Becoming Minimalist」というサイトを運営するJoshua Beckerさんがどこかのポッドキャストでインタビューに答えていて(ポッドキャスト名を失念しました)、「思い入れがない装飾をまず断捨離すると良い」と言っていました。

そして、最近「将来は私もタイニーハウスに住みたい」と思っている私は、「タイニーハウスに“今”住めるとしたら、持っていきたいかどうか」も判断基準に入れることにしました。

ミニマリストの断捨離を学んで捨てたもの

私が装飾品を断捨離するのは無理だと思っていました。

もともとジャンクなものとか、かわいく装飾品が飾られている部屋が好きだからです。

でも、センスがあんまりないんですよね…。

という事で「思い入れのない装飾」と「今使っていない装飾」を断捨離することにしました。

断捨離したのは、リビングルームに飾ってある棚の上にあるミルクビンと鳥かごです。

下にある赤いランプたちは祖父の形見だし、額縁の絵は祖母に書いてもらったものなので断捨離しません。

キャンドルは災害時に役に立つので断捨離しません。

それから、ずっと飾ってあったけれど、「掃除しやすい家」を目指そうと思った時にとりあえず隠したオブジェ達を断捨離しました。

アメリカ土産なので思い入れがないわけではないですが「今役に立っているもの」ではありません。

それから、トイレに飾ってあった鳥のキャンドルホルダーも断捨離しました。

これは雑貨屋さんで、鳥グッズが好きなので買ったものです。

でも、そこまで「思い入れ」があるわけでもないし、いつも断捨離候補にはなっていました。

今ならたぶんなくても大丈夫!

ミニマリストに倣って断捨離をして気づいたこと

つまり、持ち物すべてに「意味がある」という事だと思います。

なぜこれを取っておくか、なぜこれを断捨離するかをいちいち考えます。

取っておくと決めたものは、自分にとって意味のあるものになり、大切なものとなります

厳選された大切なものだけになれば、大切なものを大切に扱う事が出来るようになります。

大切に扱えるようになるまで、モノを減らすべきなんだと思います。

私には、まだまだミニマリストの道は遠いけれど、少し意味が分かってきて近づけた気がします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA