気付き

頭の中がぐちゃぐちゃな時が理想の自分になるチャンス

【画像】頭の中がぐちゃぐちゃな時が理想の自分になるチャンス

色んな事が渦巻いてて、矛盾だらけで頭の中がぐちゃぐちゃだよ

今回、心積もりノートラボの青木ゆみさんとお話する機会があり、「頭の中には時間という概念がないから、矛盾があっても良いんだよ」と教えてもらいました。

「将来こうなりたい」という夢と現実的な仕事の事、結婚の事、自分の事、子供の事など、私達の頭の中は色んな思考が渦巻いています。

脳の中は時間の感覚がないので、「今」も「過去」も「未来」も同じ時系列で考えるので、たくさんの矛盾が生まれます。

矛盾の中で頭の中がぐちゃぐちゃしていると、自分に自信が持てず、自己肯定感が下がってしまうのです。

全部、分けて考えてそれぞれどうなるのが理想なのか心積もりをしておくといいよ」と言われて書き出してみると、なんだかスッキリ見えてくるものがありました。

スポンサーリンク



頭の中がぐちゃぐちゃする理由

【画像】頭の中がぐちゃぐちゃで矛盾があってもいい

人の頭の中の顕在意識はたったの3%しかなく、残りの97%は潜在意識だと言われています。

人がどうして頭の中がぐちゃぐちゃするのかっていうと、顕在意識が望んでいる事が、潜在意識では全く望んでいなかったりするからです。

そして、人の行動はほぼ潜在意識に支配されています

顕在意識は常識や思い込みで色々考えますが、潜在意識がそれを否定していると全く行動として現れないわけです。

やりたいのに出来ない自分に幻滅して、自己否定に陥って悶々とするんですよね。

「ダイエットしたい!」と言っているのに、「明日から…」と言って何も生活習慣を変えない、みたいな感じです。

あれは、顕在意識で「ダイエットしたい」と思っても、潜在意識は「努力したくないよ」って思ってるわけです。

スポンサーリンク



私の頭の中のぐちゃぐちゃ

恥ずかしながら、私の頭の中のぐちゃぐちゃ具合をシェアしますね。

私は別居中の夫婦関係について聞かれた時、「夫と良い関係になれるならそれが子供のためにもベストだと思う」といつも答えていました。

この思考が私を混沌とさせていたのです。

表面的には夫との関係修復もしくは現状維持を望みながら、私はそこに対して何の行動も起こしていなかったのです。

青木ゆみさんと話していくうちに、私の中のぐちゃぐちゃが1つ紐解かれました。

私の夢は「人の役に立つようなお仕事をして自活したい」でした。

なんで自活にこだわるのかというと「夫なしで生活できるようになりたい」からでした。

つまり、私が夢に向かって努力する時、夫との復縁は望んでいなかったのです。

「子供には望む教育を受けさせたい」とか「子供は離婚を望んでない」とかがあり、夢に向かいたいのに苦しい気持ちがありました。

また「自分自身の力で出来るのか?」という不安や、「安定した生活が欲しい」という気持ちもありました。

そんな思考が渦巻いて、私の頭の中はぐちゃぐちゃになっていたのです。

大分スッキリまとめたけど、もっといろんな思考がぐちゃぐちゃに絡まりあってたよ

頭の中のぐちゃぐちゃをスッキリする方法

では、ここからは頭の中のぐちゃぐちゃをスッキリさせる方法を紹介します。

頭の中のぐちゃぐちゃをスッキリする方法
  1. 頭の中のぐちゃぐちゃをノートに書き出す
  2. 感情に問いかける
  3. 望む方向を見る

詳しく1つずつ説明します。

【STEP1】頭の中のぐちゃぐちゃをノートに書き出す

【画像】頭の中がぐちゃぐちゃしているのをスッキリさせる方法①

自分の頭の中で思っている事はなかなか考えてるだけでは分かりません

自分の考えている事について「どうなるのが理想なのか」を考えてみます。

私は、青木ゆみさんのアドバイス通り、「夫について」「子供について」「自分の仕事について」「自分の恋愛について」どうなるのが理想かを全部書き出してみました。

いやぁ、まったく夫とのいい生活なんて望んでなかったよねぇ~

潜在意識の中には時間の感覚がなく、「今」も「1年後」も「10年後」も同じ所にあります。

だから、どうやって理想を現実化させるのか、その方法も時期も何もわからなくても大丈夫。

とにかく「これが理想」というのを全部書き出します。

いつどういう風にそうなるのか分からないけれど、とにかく自分の理想をしっかりと確認して、いつそれが叶っても良いように心積もりをするんです。

スポンサーリンク



【STEP2】感情に問いかける

【画像】頭の中がぐちゃぐちゃしているのをスッキリさせる方法②

モヤモヤを感じる時は、私達の潜在意識と顕在意識の間にずれがある時だそうです。

自分の感情がいまいち分からない時は「私は悲しい」「私はさみしい」「私はイライラしている」など色んな感情を言ってみて、ピンと反応する気持ちについて「どうしてかな?」と考えてみると良いです。

1回の質問で答えまで導かなくても大丈夫です。

答えを保留して、振り返ったときに答えが分かる時もあります。

「自分の望む方向」がしっかり見えていれば、感情が問いかけをしてくれるんですね。

以前読んだ「セルフコーチング」という本にも

問いかけのない所に答えは見つからない

「セルフコーチング」より

と書いてありました。

違和感の感じる感情を見つけたら問いかけるチャンスです。

【STEP3】望む方向を見る

【画像】頭の中がぐちゃぐちゃしているのをスッキリさせる方法③

理想を書き出すと、その状態が「ない」と思ってしまう事があります。

「ない」と足りない事ばかりに目を向けても良いことはありません。

その状態になりつつある」と考えるといいと思います。

その理想の状態はいつ叶っても良いんです。

今日かもしれないし、10年後かもしれない。

自分が望む方向をしっかりみて、日々の選択をするのが大切です。

スポンサーリンク



【まとめ】頭の中がぐちゃぐちゃでも、そこから始めればいい

【画像】頭の中がぐちゃぐちゃでも、そこから始めればいい

「頭がぐちゃぐちゃしてる~!」と思った時は、是非書き出してみてください。

自分の望む現実を手に入れるチャンスが来たと思っていいです。

何を考えているのかを書き出して、それに対する自分の理想を書き出します

後は、毎日理想に向かって進んでいると信じて、忘れないようにちゃんと望む方向を見る事です。

人って意外とすぐに忘れちゃうんだよね。理想の自分になるように日々を過ごすのが大切だよ

合わせて読みたい