スロークッカーに蒸し器をセットしたら超便利だった!

スロークッカーってなんだ?

スロークッカーというのは、電気でゆっくりゆっくり低温調理する調理器具で、アメリカでは一家に1台あるとも言われるほどポピュラーなものです(アメリカでは「クロックポット」の方が一般的な言い方です)。

Slob家では時間があるときは朝スロークッカーをセットして、「弱」設定で8時間くらいかけてゆっくり夕食を作りますが、子供達の習い事の送迎で忙しい土曜日は朝ものんびりしてしまうことが多く、お昼ご飯のついでにセットして「強」で4時間ほどで作ることが多いです。

火を使わないので、安心してほったらかし調理することができます。

Slob家で使っている3000円代のTwinbirdのスロークッカーは、強が200W、弱が130Wなので、強で使った時の電気代は1時間5.2円、弱で使った時は3.4円となります。

1日中つけっぱなしでも、そんなに家計に痛くありません。

商品情報などはこちらからどうぞ↓

created by Rinker
¥3,240 (2019/02/24 00:55:29時点 楽天市場調べ-詳細)

Slob家では、ミートソースやスープを作ることが多いですが、スロークッカーのレシピを見ていると、スペアリブやら角煮やら牛丼やらおでんなんかも作れるみたいです(あ!おでんは作ったことがあります!)。

スロークッカーはゆっくりじっくり煮込むので、味の染みた美味しい煮込み料理が作れます。

あ、スロークッカーを調べてみると「沸騰する直前のギリギリの温度で煮込む」と書いてあるのを見かけると思いますが、Slob家のスロークッカーは普通にクツクツと沸騰していることがありますよ。

後、寝る前に洗ったサツマイモをホイルに包んでスロークッカーに入れ、「弱」設定で朝までほっとくと超ねっとりおいしい焼き芋が作れたりとか、似たような方法で焼きリンゴとかも出来るらしいですが、まだ試したことがありません。

スロークッカーは直火にかけられるものが絶対便利

これからスロークッカーを購入する方は直火にかけられるタイプを激しくおススメします。

直火のかけられるタイプが良かったのですが、使いこなすかどうか分からなかったので安いタイプを購入しました。

今思えば、なかなか壊れるものでもないし、少なくとも週に1回は使うので、初めから奮発しておけばよかったです。

直火にかけられれば、肉を炒めて、その鍋に野菜を突っ込んでスロークッカーにセットするという事ができるのですが、Slobの持っているTwinbirdは直火対応ではないので、わざわざフライパンで肉を炒めてセットしないといけないのです。

面倒くさ!

スロークッカーにぴったりの蒸し器を発見

それはさておき、先日パルシステムでフライパンにセットする蒸し器があって、これは!と思い購入してみました。

こちらの「簡単蒸しプレート」です。

我が家のスロークッカーは18センチだったので「小」がこのようにぴったりはまりました。

スロークッカーの蒸し器

下には子供の希望でカレーかクリームシチューになる予定の野菜スープをセットしました。

漬け込んでおいた鶏肉のヨーグルト漬けだけはフライパンで焼かないといけないのが面倒…。

で、上にはクリームシチューになった時用の蒸しキャベツと、明日のジャーマンポテトになる予定の蒸しポテトをセットしました。

スロークッカー 蒸し器

蓋が意外と高いのでこんもり乗っていますがきちんと蓋が閉められました。

子供の習い事に行って帰ってきて4時間弱…。

スープと、

スロークッカー 蒸し器

蒸し野菜が出来上がりました。

スロークッカー 蒸し器

今日は子供達にクリームシチューをリクエストされたので、後日のカレー用にスープを半分取り置いて、そこに蒸しキャベツとクリームシチューの素と牛乳を入れて少し煮たら出来上がり!

あ、出来上がりの写真を撮り忘れました。

いつかのカレーライスと蒸しポテト(たぶん明日のジャーマンポテト)も出来てすごく便利です。

多分、小ぶりのポテトなら丸ごとでも3〜4個いけそうです。

蒸しポテトを作っておけばそこからポテトサラダやじゃがバターとか色んな料理にアレンジ出来るので、これからスロークッカー使うたびに蒸しポテトを作ると思います。

はぁ〜、いい買い物をした〜。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA