願望を叶えた“後”に集中すれば願いは叶う!

朝活時間を断捨離に利用

今朝、やっぱり就寝時間からぴったり6時間後の2時半に目が覚めてしまい(4時に起きるつもりで早く寝た)、さすがにその時間から行動したら夫に怒られるかと思い(物音で目が覚める人)、いつものKindle Unlimitedで読書をしていました。

今日読んだ本は城田 彩子さんの「がんばるの、やめました」という本です。

私はよく「断捨離をがんばる!」と口癖のように言いますが、この本には

「がんばれ」という言葉は、場合によっては思考停止状態とも捉えられるのです。

とありました。

この言葉は、本の中では自分で「がんばる」という場合ではなく、人に「がんばれ」という時について書かれていましたが、「がんばる」という言葉は、深く考えずに安易に使える言葉ということでした。

確かに、「断捨離がんばる!」には「どこをどうする」とか「いつまでに」とかの目標もないし、ただ「がんばる!」って言っているだけ。

「一生懸命がんばらなければ、望む現実は手に入らない」という刷り込みが、「忙しい、忙しい」と気ばかり焦って大したことはやっていない、と。

まさしく私…。

そして、

「変えようと必死に行動する」のではなく「変わった後」に焦点を移すことが大切です。

とあり、ふむふむと私のなりたい姿である「モノが減ってすっきりと家が片付いている様子」を妄想してみました。

「時間がない~とぎゃ~!!!」ってなっていることもなく、すっきり時間より10分前には準備も終えて、子供達も床に脱ぎっぱなし、散らかしっぱなしなことはなく、モノは少なく、すべてに目が行き届いていて、すっきり清潔に片付いている家に住むゆとりのある私…。

妄想していたら、ムクムクと片付けたい欲が出てきたので、4時ぴったりに布団を飛び出して、ダイニングにある自分の棚を断捨離&片付けしてみました。

ダイニングルームの自分の棚を断捨離

断捨離前のビフォー写真はこちら。

汚部屋写真

一応、学校関係の書類や便せんと封筒類、子供達が見たがるアルバム、母子手帳などの思い出グッズの一部、消しゴムハンコグッズ、ネイルケアグッズ、文房具、お裁縫箱…などがこちらには入っています。

ここから、いらない書類を捨てて、裁縫道具など収納場所がここではないものはあるべきところへ移動して…とやったらこうなりました。

ビフォーアフター

そんなにいらない書類はないと思っていたけれど、ゴミ書類が意外と多かった~。

後、健康診断の結果やポチ袋などこの棚には入っていたけれどあっちこっちにあったのを1つのファイルにまとめました。

マニキュアもよくよく見てみると似たような色ばっかりもってるなぁと思います。

封筒や便せんやカード類など捨てられるものはあるけれど、捨てる気にならないのでどんどん使っていくことでなくなるのを待ちます!

今回、この棚の中にあるもの全部に目を通してみて、「こんなの持ってたか!」というものが結構ありました。

自分の把握できる量を保つのは大切ですね~。

願望を叶えた“後”に集中することで、がんばらずに願いを叶えることができるのです。

その通りでした!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA