Todoリストにはもう頼らない!

スケジュール帳がうまくいかない

今年から始めた「目標をしっかりと立て、ふりかえりができる」スケジュール帳ですが、10日経って、思うような成果を上げていません。

以前の記事はこちら↓

A5スケジュール帳のバインダーとリフィルの話

去年のうちに今年の目標も決めたし、1月に達成したい3つの項目も設定しました。

最初の1週間は正月の集まりやら色々あったので仕方ないとして、今週子供たちの学校が始まり、平常運転となったのに、1日1日が目標に向かっているという実感がなく、日々のTodoリストをこなすので精一杯というか、日々の生活に追われているというか…。

以前、Todoリストだけでは達成感が感じられないから1日3つの優先的に終わらせたいタスクを決めておくと決めました。

その時の記事↓

ToDoリストだけでは達成感は得られない

が、結局選んだ3つも「こどものズボンを直す」とか「荷物を送る」とか「やること」リストの中の優先事項なだけで、目標に近づいている感じが全然しません(涙)

習慣力をつけて自分自身を高める

で、思ったのです。

Todoリストは確かにやることを忘れないためには有効かもしれないけれど、私の目標のような目標の場合、Todoリストを達成することではなくて、私の習慣を変えないとダメなのかもしれない、と。

そしてAudibleで「習慣」の本を見つけたので読んで(聴いて)みました。

created by Rinker
¥1,370 (2019/02/24 01:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

習慣化とは、意志の力をほとんど働かせる必要なくやっている状態なのです。だから、ここまで来ると、日々自動的に習慣行動が行われていきます。

習慣化への取り組みを始め、違和感のある1日というのは、それだけチャレンジしている証拠であるとも言えます。むしろ歓迎すべきことです。

とあります。

私の朝家事の中に取り込みたいけれど、いまいち定着しない「毎朝のトイレ掃除」はまだ潜在意識には組み込まれていないから、毎日「あ~」とか思うけれど、ここを乗り越えれば自然とできる日がくるのかな?

そして、掃除や片付けが習慣的に自動プログラムのように出来るようになれば、他の事に頭を使う余裕が生まれるらしいです!

サッカーのネイマール(だったかな?)の、彼が運動をしているときに脳を少ししか使っておらず、ほぼ自動的に動いているので、周りの様子を見る余裕がある、という話もなるほど~と思いました。

(潜在意識の)パワーは顕在意識の20,000倍以上とも言われます。

(中略)

潜在意識にオートマチックに動かされる人生から、意識で徐々に潜在意識をコントロールし、活用する、言わば、“潜在意識を味方につける人生”に変えていくことです。

そうそう!

ほかにも「目標はポジティブなワードに」とか「快の感情と結びつける」とかあって、引き寄せの法則にも似てるかな?と思います。

本の中には私が勉強したいと思っている「傾聴」についても触れられていたので、後何回か聴いてちゃんと自分のモノにしたいです。

先日、私にはマインドセットの変更が必要だ!と思ったばかりですが、本当にそう!

少しずつ、少しずつ、いい習慣を身に着けていきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA