粗大ごみの自己搬入でお金取られた…

数日前にこちらの本をパラパラと読みまして、ピピーンときた言葉がありました。 もう端末から削除してしまったので手元になく正確な文章はわからないのですが、とある主婦の断捨離体験記で「あのころはほぼ毎日のようにごみ処理センターに行ってましたね~。」みたいな文言。 我が家からごみ処理センターまでは車で25分くらいあるし、10年くらい前に夫と何度か行ったことがあるけれど、キレイな場所とはいいがたく、今まで自分ひとりで行こうなんて思ったことがありませんでした。

奥行き90㎝の衣装ケース6箱

でも、それからというもの「ごみ処理センターに一人で行く」が気になって仕方がありませんでした。 捨てたいものは、20年前に一人暮らしを始めた部屋にあった半間の押し入れに合わせて購入した奥行き90㎝のとぉぉっても使いづらい衣装ケース6箱です。 買ってすぐに後悔して(90㎝を引き出すためには、手前にも90㎝以上の何もないスペースが必要)、今の家に住んでからは仕方がないので裁縫道具やらを収納していました。 数年前に断捨離に目覚めて、裁縫道具もだいぶ減らしましたし、中は空っぽという状態が続いていたので、夫に「押し入れのある義実家で使うならあげたいし、使わないなら捨てたい」と相談したことがありました。 が、使えるモノを捨てるのが嫌いな夫に「置いておく場所があるんだから、捨てる必要もないんじゃないか?」と言われ、夫が無計画(と私には思える)に作って、作り途中でもう2年くらい放置されている棚とベッド下に入っていました。 埃は溜まるし掃除機もかけづらいし、気が付けば嫌な気持ちになる。 今までそれでもそれを夫の許可なしに一人でごみ処理センターに持っていこうと思ったことはありませんでした。 頭に響く「捨てちゃえよ。今年中に一人でごみ処理センターに持っていけよ。」という声。 冬休みが始まってしまえば子供たちと一緒に行動しなくてはならないので、衣装ケースを持って出かけることができなくなります。 今日は自分のために時間を使おうと思っていたので、最後の最後までどうしようか迷いましたが、娘の「ママっていつも片付けの本読んでるね(でも、全然片付かないよねと言われてるような気がした)」の声に後押しされて決心しました。 衣装ケース6箱と壊れた洗濯カゴ、1年に1回しか使わないスチームクリーナー(去年も使い終わったら捨てようと思ってて今日まで持ってた)と去年の教科書とノートを持って!!

不燃物の搬入にはお金がかかる

昔、夫と行ったときはいちいちお金なんて取られなかったと思うんですよ。 数年前、夫に「ゴミを捨てるのにお金がかかる時代になるから今のうちに色々捨てておいた方がいいよ」なんて言ったことがありますが、もうその時代になっているなんて思わなかった…。 不燃ごみ8点で1200円。 断捨離すると、モノを捨てるときに無駄な出費をしたことに後悔してモノ選びが慎重になるとか言うけれど、私はその感覚を経験したことがありませんでした。 でも、今日経験しました。 ゴミを捨てるのにお金がかかる…。はぁ。もう二度と無駄な買い物はしない! [今日の学び] 不燃ごみは出来るだけ細かくして、不燃ごみ袋に入れて普通のごみとして出す! 本当の粗大ごみ以外は搬入すべからず!!! まぁ、今日捨てたごみは夫に捨てるとバレたら反対されてただろうし、なくなって気分は晴れやかなのでいいんですけどね。 なくなったのに気づいたら夫に何を言われるか…、それだけを恐れています。

頭に響いた声は宇宙からのメッセージだったのか?

引き寄せとか苦手な方には申し訳ありません。 でも「今年中に捨てろ。2019年は人を呼べる家にするんだろ?行動に移せよ」っていうメッセージが幾度となく浮かんできて、これはなりたい自分を引き寄せるためのメッセージだったのかしら?と思っています。 私はいつも「人を呼べる家にしたい」と思っていても、ここまで大きな行動を起こしたことがありませんでした。 なので、なんだか今は「来年は絶対人を呼べる家になるわ」「絶対に私の生活がちょっと整うわ」と自信がわいてきました。 今、一つ終わり、「次はここ」みたいなメッセージを受け取った気がします。 自分を信じて、引き寄せを信じて、まい進しようと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA